ようこそ

                                                                                                                                                         

  行田特別支援学校のウェブサイトを訪れていただき、ありがとうございます。


 
学校長あいさつ

 

ご挨拶

 
 

                                       校長 田中(たなか) 理子(みちこ)

 

引き続き校長3年目となりました。どうぞよろしくお願いいたします。今年度、本校は創立46目となります。歴史ある行田特別支援学校で、校長としての任務を仰せつかり、改めて身の引き締まる思いでいっぱいです。

今年度は、新型コロナウイルスも感染法の5類に引き下げられ、学校生活もこれまでのような制限が解除される方向となります。全て今まで通りとはいかないまでも、保護者や地域の皆様に向けてできる限り学校を開いていきたいと思っております。

本年度もこれまで積み重ねてきた本校の教育実践をさらに充実・発展させることができるよう、教職員一丸となって丁寧に教育活動を進めてまいります。そして、本校に学ぶ児童生徒、保護者の皆様、地域の皆様、教職員、行田特別支援学校に関わるすべての人が笑顔で輝き、将来の幸福を目指し、地域と共に存在する学校づくりを目指します。

その証として、これまでの学校教育目標のサブテーマ「健やかな成長と幸福を目指す地域と共にある学校」を今年度より学校教育目標に設定いたしました。

めまぐるしく変わる社会の変化に柔軟に対応し、今までの行田特別支援学校の良さを継承しながらも、新しい価値観を受け入れ、さらに進化し続ける学校でありたいと思います。

さて、教育に学校と家庭の連携は欠かせません。学校と家庭は、二人三脚で子供たちを育み、子供たちの成長を共に喜び、幸せを共有できるパートナーでありたいと思っております。引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 そして、日頃から本校の教育活動に温かいご支援いただいております地域の皆様、関係の皆様に心より感謝を申し上げますとともに、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げ、今年度の挨拶とさせていただきます。

                 令和5年4月吉日                                             

                 学校長 田中 理子

                                                     
【沿革・学区】
 本校は、昭和53年4月に県北部地域最初の県立知的障害養護学校として開校し、本年度で創立46年目を迎えています。平成21年4月、埼玉県学校設置条例の一部改正により校名が埼玉県立行田特別支援学校に変わったことを受け、平成22年4月、校章及び校旗を新たに制定すると共に、校歌を一部改定しました。また、平成23年4月、埼玉県立深谷はばたき特別支援学校の開校に伴い、学区の再編成が行われました。通学区域は、行田市、羽生市、熊谷市の一部、鴻巣市の一部の4市です。

 

新着
お知らせ

職業フェアについてのご案内

 

03 資料3「職業教育フェアポスター」.pdf

 

感染症、感染拡大の状況により急遽中止とさせていただくことがございます。その際は、(職業教育フェアHP)にてご連絡いたしますのでご確認ください。

お知らせ

「R5 学校だより3月号」「R5 保健だより3月号」「R5 給食だより3月号」「R5 献立表3月号」を掲載しました。

メニューバーの「お便り」⇒「令和5年度」からご覧ください。

題名のR5は”令和5年度”の意味です。

ブログ

ぎょうとく日誌

第2回学校保健委員会

 2月7日(水)に、第2回学校保健委員会を開催しました。

 今回は、HLプロジェクトチームと共同し、「生(性)に関する学習」に関する内容で、本校の校内支援部長、HLプロジェクト主任の荒井勝紀教諭による講義がありました。

 テーマは、「性器いじり?セルフプレジャー?思春期のあれこれ、考えよう‼」ということで、荒井教諭からの情報提供をもとに、保護者の皆様同士で子ども達の生(性)に関する悩みや解決法をグループワークで話し合いました。積極的な意見交換ができ、時間が足りないくらいでした。

 ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

「同意を得る」ことを意識したじゃんけんゲーム♪

意見交換が活発に行われました!

 

 

 

 

 

 

 

生(性)に関する色々な絵本や参考になる本も紹介させていただきました。

中学部 ものつくり大学との交流

 ものつくり大学の三井教授と学生の方が来校し、自作のロボットを持ってきていただきました。中学部2年生が体験しました。

 ロボットコンテストに出品した貴重な作品です。

 ロボットについての説明のあと、実際に動かす体験をさせてもらいました。

 ひとつはサッカーのようにボールを運ぶロボット。

 ひとつは輪投げするロボット。

 

 コントローラーはみんなが馴染みのあるゲームのコントローラーとほぼ同じなのですぐに扱うことができていました。

 

 最後は ものつくり大学三井教授たちから、”オリジナルオムニキーホルダー”を2年生全員にいただきました。

 オムニホイールを3つに切り分けたもので、手作りの逸品です。

 ありがとうございました。

  とても貴重な体験でした。

小学部 学習の様子です。

【消防署見学グループ】 

 小学部低学年が行田消防署に見学に行きました。学校の近くに行田消防署があります。歩いて見学に行きました。

 実際に見る消防車、救急車、救命訓練の様子は迫力がありました。みんなも大興奮でした。

 

【ギター弾き語り交流会音楽

 小学部高学年はギター弾き語り交流会がありました。

お招きしたのは、ギター教室”ほとけのざ”より松岡様と石橋様です。

本校の先生もウクレレを演奏!

 ギター弾き語りではみんなが好きなジブリの曲があったり、わかる曲では児童たちが一緒に歌ったりして盛り上がりました!素敵な演奏をありがとうございました!

 

【節分集会】

 季節の行事、節分。今年も鬼がやってきました。豆をまいて「鬼は外!福は内!」

 

 今年、みんなに”福”がやってきますねピース

 

 

高等部3年生 「身だしなみ講座」を受講

 卒業まで残すところ、あと1か月となった高等部3年生は、2月5日(月)、資生堂ジャパン(株)様に来校いただき、社会人となる前に、男女に分かれて、「資生堂ライフクオリティビューティセミナー」を受講しました。身だしなみの整え方について、実習も体験しました。

内容は、

<男子>

講義:身だしなみの良い例と悪い例、髭剃りや洗髪の仕方、身体の手入れなど

実習:洗顔、スキンケア、頭皮マッサージ、整髪

<女子>

講義:身だしなみの良い例と悪い例、スキンケアの仕方など

実習:クレンジング、化粧、整髪

本格的な身だしなみについての講義と実習を通して、卒業後の生活に役立つ良い経験となりました。

 講座を終えた生徒からは、「きれいになった」、「かっこよくなった!」、「いつもと違う自分になれて、明るい気分になれた」などといった、実習後の自分の変容について、驚きや喜びの声が聞かれました。

 また、「色と心」の関係についてのお話もいただき、色のイメージや配色のバランスなどについても知ることができました。色の効果も意識して、なりたい自分を表現したり、相手を知るきっかけにしたりして、よりよいコミュニケーションに繋げられるといいですね。

 4月から、いよいよ社会人です。

 前週の(株)コナカ様による「フレッシャーズセミナー」に続き、今回の資生堂ジャパン(株)様による「資生堂ライフクオリティビューティセミナー」で身だしなみを整えることの大切さを知り、今回の貴重な体験を活かして、素敵な社会人になってほしいと願っています。

行田市花手水week ライトアップイベント”希望の光” 

 農園芸班のひょうたんが登場しましたキラキラ

  高等部生徒が展示したひょうたんがつるしびなと一緒に可愛らしくライトアップされていました。

 

 高等部生徒が階段を利用して並べた陶芸班のお皿がライトアップされると、平面と違った趣がありました。

  

 冬のライトアップはまた格別に幻想的です。

 訪れた方々から「きれい」「かわいい」というお声をいただきましした。ありがとうございます。

 

 

校内書初め展

 1月下旬、”校内書初め展”が開催されました。

 今年度も小学部から高等部までの教室前の掲示板に、児童生徒の書初めが展示されていました。どの作品も、児童生徒のそれぞれの『持ち味』がある素敵な作品でした。

 その中で、金賞に選ばれた作品は、体育館通路に向かう校舎側のドア付近の壁に掲載しました。

 

以上が金賞の作品です。

 他、各学部の作品を一部ご紹介します。

【高等部】

【中学部】

【小学部】

 

 

行田花手水Week ライトアップイベントに農園芸製品登場

 行田市が行っている『行田花手水Week』ライトアップイベント「希望の光」に高等部作業班の製品がコラボしています。

  陶芸班のお皿がライトアップされています。

  そして、さらに!!

  高等部農園芸班が製作した、ひょうたんランプがライトアップします。

 

 1月30日(火)高等部の生徒3名で準備をしてきました。

  是非会場で御覧ください。

 

 ライトアップイベント 2月3日(土)日没から20:00です。

 場所は忍城址です。

 

  陶芸班のお皿は木工班が作った看板が目印です。

  農園芸班のひょうたんランプは東屋で展示されています。

 

中学部 学校間交流

行田中学校1年生と本校中学部1・3年生で学校間交流を行いました。

(1学期に中学部2年生は埼玉中学校と交流会を行っています)

 一度延期になった交流会ですが、開催することができてよかったです。

  自己紹介の様子です。グループに分かれて行いました。はじめは緊張がありましたが・・・徐々に慣れてきました。

 

 ゲームをしました。ダンボールの両面が赤白に色分けされていて、制限時間内でできるかぎりたくさん、自分たちのグループの色にしていき、時間終了後、表になっている数が多い方が勝ち、というゲームです。”リバーシ””オセロ”と同じようなものです。

 

 行田中学校と本校の中学部のみんなが協力して、ダンボールを自分たちのグループの色にしていきました。

 寒い体育館でしたが、みんなの熱気があふれていました。

 とても温かい交流会になりました。

 

”ここからかるたワークショップ”

 本校の”生(性)にかんする学習”の一環として、

 1月12日(金) NPO法人ピルコン様による『ここからかるたワークショップ』が開催されました。

 包括的性教育を学べる「ここからかるた」を使って、障害のある子ども・若者や社会的養護下にある子ども・若者やその支援者を対象に、性について楽しみながら学ぶきっかけ作りにつながる 50~60 分程度のワークショップです。(NPO法人ピルコン代表 染谷様より)

  

高等部の学習Aグループで、”ここからかるた”を使った学習をしました。

  

 生徒たちははじめは少し緊張気味でしたが、スタッフのかたの明るい言葉かけや、丁寧な説明のおかげで緊張がほぐれ、積極的に活動できました。

 こころ・からだの大切さ、人権や人との関わり、性について遊びながら学習できる『ここからかるた』

 本校の生徒たちにも、楽しくしっかり学べる機会となりました。

 

 NPO法人ピルコンのスタッフの方々、お忙しい中大変ありがとうございました。