校長室だより

校長室から

中学部新入生歓迎会

 日中、徐々に気温が上昇し、少し動くと汗ばむような陽気でした。体育館への渡り廊下に立っていると、そよ風が心地よく感じられ、午後の穏やかなひと時を全身で感じることができました。

 今日の午後は、中学部の新入生歓迎会が体育館でありました。新入生、在校生の自己紹介をそれぞれ行った後で、4つの作業班の紹介がありました。農園班、木工班、紙工芸班、手芸班のそれぞれの先輩方が、丁寧に説明をしてくれました。1年生の皆さんは、しっかり聞いていたかな?

 さて、1年生の皆さんは、3年間をかけて、これらの班でいろいろ学び、製作をしていきます。先輩方を見習って、楽しく取り組んでいきましょう。

朝の風景

 今日は、高等部と中学部の朝の様子を覗いてみました。

 高等部は朝トレで、点呼、ラジオ体操のあと、学校の周りをみんな元気に走っていました。無理するなよ、と心の中で呟いたのですが、びっくりするくらい、スタートが早い生徒もいました。先生方も並走するのが大変です。

 中学部は体育館で、リズムの授業を行っていました。中学部のみんなが練習する曲は、Adoの「唱」。曲名を当てた生徒がいました。すごい(校長の私は、曲名を聞いてもわかりませんでした…)。

 今日は天気予報のとおり、4月とは思えない暑さとなりました。ただ、私が子供のころは、季節はもう少し優しかった気がします。雨にしても、暑さにしても、自然が人間に牙を剥いているとしか思えない怖さを感じています。

給食開始

 今日から給食がスタートしました。メニューは、豚どん、豆腐とじゃがいものみそ汁、フルーツかんてん、牛乳でした。私自身、久々の給食だなあ、と思いつつ、各クラスを覗いてみると、お昼時特有の明るく開放的なざわめきがあちらこちらから感じられました。子どもたちにとって、給食の時間はやはり楽しみですよね。

 皆さん、明日も元気に登校してください。先生たち、待っています。

令和6年度入学式

 4月10日(水)は行田特別支援学校の入学式でした。昨日の荒天とは打って変わり、暖かな日差しが大地に優しく降り注ぐような、穏やかな春の一日でした。

 今日迎えた新しいお友達は、小学部20名、中学部20名、高等部26名の計66名です。特に小学部の皆さんは、これまでとは全く雰囲気の違う世界に、大きく戸惑ったかもしれませんね。でも、本校は先生たちも、お兄さん、お姉さんたちもみんな優しいですよ。だから大丈夫。

 中学部や高等部に入学した皆さんは、新鮮な気持ちで、楽しく、生き生きといろいろなことにチャレンジしてほしいと思います。先生方もみんな応援しています。

 学校前の川沿いの桜が、皆さん全員の入学を心待ちにしていました。風にたゆたう花びらは、喜びに満ちた、温かな音楽を奏でているようでした。

 

(以下は、本日の校長式辞です)

   式 辞

  生命芽吹き、生きるものたちの鼓動が、ここかしこから感じられるこの佳き日に、御来賓の皆様のご臨席を賜り、ここに令和6年度埼玉県立行田特別支援学校入学式を挙行できますことは、本校関係者一同大きな喜びでございます。ご臨席を賜りました皆様方には、心より御礼申し上げます。

  本日ご入学された小学部二十名、中学部二十名、高等部二十六名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今日から皆さんは、行田特別支援学校の新しい仲間となりました。在校生、教職員を代表して、皆さんの入学を心から歓迎いたします。

  小学部の目標は、「あそぼう まなぼう いきいきと」です。現在、皆さんは、新しい学校、新しい友達、新しい先生たち、すべてのことに、きっと不安でいっぱいでしょう。でも、学校には、先生やお兄さん、お姉さんたちがいます。みんな、優しく教えてくれます。だから大丈夫です。安心して、毎日、元気に学校に通って、たくさん遊んで、たくさんのことを学んでください。   

  中学部の目標は、「社会の中で健康で豊かな生活を送るための基礎となる力を育てる」です。まずは、規則正しい生活を心がけましょう。早寝早起きはできていますか。そして、毎日の学校生活で、「できること」を増やしていきましょう。「できること」が増えると、自分に自信が生まれてきます。

  高等部の目標は、「人間として豊かに生き、すすんで社会参加できる力を育てる」です。「人間として豊かに生きる」とは、自分を大切にすると同時に、お友達に対して、自分の周りにいる人に対して、思いやりの心を持つということです。そして、「できる」経験を積み重ねて、進んでいろいろなことに挑戦していってください。

  今日、ここにいる皆さんが、将来にわたって幸せな毎日を送れることが、先生方の願いです。一つ一つ、「できること」を増やしながら、充実した学校生活を送りましょう。

  さて、保護者の皆様、本日はお子様の御入学、誠におめでとうございます。心よりお祝申し上げます。私たち教職員一同、学校での学びを通して、お子様が自信を積み重ねて自分らしく、逞しく生きていけるよう、全力で教育にあたってまいります。

 保護者の皆様におかれましては、何かご相談がございましたら、学校までご連絡ください。併せて、本校の教育活動やPTA活動への御理解と御協力をお願い申し上げます。

  結びに、本日入学いたしました児童生徒の皆さんが自分らしく、自信を持って、生き生きと成長していくことを祈念し、式辞といたします。 

 

      令和6年4月10日 

                             埼玉県立行田特別支援学校長 寺嶋 毅

令和6年度第1学期始業式

 今日から令和6年度第1学期がスタートします。あいにくのお天気でしたが、登校した子どもたちはみな元気で、校舎には明るく響く声がそこかしこから聞こえてきました。

 今日の校長からのお話では、パワーポイントを見たり、校長の顔を見たりしながら、子どもたちはしっかりと聞くことができていました。新しい学年、新鮮な気持ちで一日一日を大切にしていきたいと思います。

 

 (*以下は、始業式で話した内容です)

 【校長講話】

 皆さん、おはようございます。新しく、行田特別支援学校の校長となった寺嶋 毅です。よろしくお願いします。

 皆さんは、春休み中は楽しく過ごせましたか?急に暑くなった日、急に寒くなった日、ぽかぽか陽気の日、いろいろありましたね。風邪をひいたりして、体調を崩してしまった人はいませんか?あるいは、夜遅くまで起きていて、お家の人に注意されたりしませんでしたか。

  今日から新学期が始まります。夜遅くまで起きているクセがついてしまった人は、早寝早起きの習慣を早く取り戻してください。毎日の規則正しい生活はとても大切なことですよ。

  さて、新学期を迎えて、校長先生から皆さんにお願いがあります。

  小学部の皆さん、お友達と仲良くしましょう。そして、先生のお話はしっかり聞きましょう。

  中学部の皆さん、お友達を大切にしてください。そして、毎日の生活の中で、学校のルールをしっかり守りましょう。

  高等部の皆さん、お友達に優しくできていますか。そして、自分の将来に向けて、毎日の勉強に集中して取り組みましょう。

  それでは、令和6年が、皆さんにとって楽しく、素晴らしい1年でありますように。先生たちも、皆さんと一緒に勉強できることを楽しみにしています。