PTA

PTAからの情報をお知らせします!

全知P連 東京大会

8月26日、27日の2日間「全国特別支援学校知的障害部会PTA連合会 創立50周年 平成29年度第36回全国研究協議会 東京大会」に参加してきました。

全国大会ですので、開催地も全国にわたります。
平成28年度は秋田、平成27年度は岐阜でした。
遠方ということもあり、なかなか参加できなかった全国大会でしたが、今年度はお隣の東京で開催。本部役員2名で参加してきました。

さすがの全国大会で、場所は東京プリンスホテル。参加者は1000名を超えていました。独特の雰囲気に多少圧倒されつつも、様々な情報を得る機会となりました。

1日目のシンポジウムでは「未来へつなぐ子供たちの安全・安心」というテーマのもと、3校の取り組みが発表されました。
PTA主導による防災対策や見守りプロジェクトは本校にはない取り組みですので興味深いものでした。学校のみにお任せするのではなく、保護者とともに取り組むことの大切さを知ることができました。

2日間の研修会でしたが、飽きることなく参加できました。
今回得た情報を、本校なりの方法で生かしていこうと考えています。
来年度は、京都宇治での開催予定です。可能ならば、参加してみたいものです。

埼特P連 役員等研修会

8月5日(土)、県民活動センターで埼玉県特別支援学校PTA連合会(埼特P連)役員等研修会が開催されました。校長先生と本部役員で参加して来ました。

午前の部では、日本福祉大学 綿祐二教授より「障害児の自立と健やかな成長を目指して」というテーマで講演を聞き、午後の部では4つの分科会に分かれて障害者の社会参加や支援についてやPTA活動の現状や課題について研究協議が行われました。
それぞれ大変充実したもので、有意義な1日でした。

こうした専門の先生のお話や、他校の取り組みを聞く機会はあまりないので大変貴重です。今回の研修会で得たものを本校でも生かしていけるようしっかり取り組んでまいります。

なつまつりが終了しました

7月29日、PTAなつまつりが開催されました。

今年は体育館の改修工事があり、校庭が使用できず、中庭でのステージ発表となりましたが、芝生の青さに爽やかさを感じられるものとなりました。初の試みとして先生方の発表が行われ、とても盛り上がりました。

このなつまつりは、多くのボランティア、福祉事業所の方々に支えられています。
御参加、御協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

なつまつりの詳細については、改めてご報告いたします。

なつまつりのお知らせ

本日で1学期は終了しましたが、今週末には、毎年恒例のPTAなつまつりが開催されます。
今年は、体育館の改修工事もあり、どうなるのだろう…という不安もありましたが、先生方の御尽力もあり、無事開催されることとなりました。
このなつまつり企画の担当は余暇総務委員会の皆さんです。4月の理事会以来、それぞれお忙しい中、準備をしてくださいました。いつもとは異なり、校庭や体育館が使用できないという状況のなか、たくさんのアイディアを考えてくださっています。当日が楽しみです。
ぜひ、皆様お越しください。

行田特別支援学校PTAなつまつり
7月29日(土)14:30~16:30
今年は、昨年度までと時間が違っています。御注意ください。
教室棟を使用しての開催となります。室内履きをお持ちください。

第3回本部役員会

本日、今学期最後の本部役員会を開催しました。
議題は、PTA連合会の報告、各専門委員会活動報告、40周年イベントなどたくさんありました。特に、40周年記念イベントは全ての役員が初めてとなる試みなので、慎重に審議を重ねています。
今年度、本部役員会は10名で活動しています。学部は小学部2名、中学部4名、高等部4名と学部学年もまちまちです。お子さんの状態や家庭の都合等でどうしても役員会に出席できないときもあります。そんなとき、「出席できなくてごめんなさい。」とか「申し訳ない。」という言葉を使ってしまいがちです。でも、謝る必要なんてありません。本部だけではなく、役員を引き受けようと考えるだけでも大変なこと。それぞれが「できるとき」に「できること」を精一杯努めれば十分です。「今度の役員会は欠席するけど、次はがんばるから、みんなよろしくね。」気兼ねなくそう伝えられるような役員会にしていこうと思います。

行田市P連視察

本日、行田市P連の会長、顧問の方々が来校されました。
P連主催で行われる小中高連絡協議会の打ち合わせを行うためです。
細かい日程確認をするとともに、高等部の作業の様子や小学部低学年の授業風景も御覧いただいたところ、「先生方の熱意ある対応や児童生徒がにこやかに過ごしている様子を見て、こちらまで明るい気持ちになりますね。」と大変うれしい感想を頂戴しました。
地域の学校は、毎年児童生徒数が減少しているなか、本校は児童生徒が増加し教室が足りなくなっています。そうした現状をお伝えしながら、地域の皆様とともに「共生社会」を考えるきっかけになればよいと思います。
小中高連絡協議会がよりよい会になるよう、当日までに皆様をお迎えする準備をしっかり整えてまいります。

埼特P連理事会

本日、埼玉県特別支援学校PTA連絡協議会(埼特P連)の理事会が開催されました。本部役員数名と教頭先生が出席しました。
午前午後にかけて、全体会、知的障害部会、地区別部会が開催され、盛りだくさんな内容でしたが、各校の状況を知ったり情報交換を行ったりすることができました。
普段当たり前に子供たちが通っていますが、同じ特別支援学校といっても、学校によって違うのだなとこうした会議に出席すると知ることができます。
夏休み中には、研修会も行われます。有意義な会となるよう本校としてもしっかり準備をして取り組んでまいります。

第2回拡大役員会

保護者会が行われた午後に第2回拡大役員会が開催されました。
拡大役員会では、本部役員、各専門委員会および各支部の代表者が集まり、これまでの活動について報告が行われます。
新体制になって、3か月余りですが、専門委員会、支部とも活発な活動が行われており、驚くばかりです。特に、羽生支部の取り組みはこれまでないことなので、とても興味深く聞かせていただきました。本年度が終了した際の報告を楽しみにしております。
また、運動会の反省についても報告が行われました。駐車場係の体制が新しくなり、多少の混乱はあったようですが、この反省をスマイルまつりに生かしていこうと思います。
参加された皆様、お疲れ様でした。
第3回拡大役員会は、第2回理事会と同時開催となります。すべての理事・支部役員の皆様に出席をお願いすることになります。

第1回学校評議員会を受けて

日誌形式で記事を更新できるよう、設定を更新いたしました。
また、新着情報につきましては、左側に最新5件分が表示されるように設定してあります。ご活用、よろしくお願いします。