ブログ

ぎょうとく日誌

令和元年度 小学部・中学部卒業証書授与式

 

桜の蕾がほころび始めた3月17日、小学部中学部卒業証書授与式が

執り行われました。

感染症対策で規模が縮小され、来賓や在校生、関係職員の参列がなく、

少し寂しい中ですが、人数が少ない分、静かで厳かな雰囲気の中で

行うことができました。

児童生徒も練習の成果を発揮し、堂々と壇上で卒業証書を受け取り、

立派な授与式となりました。

    

 

令和元年度 高等部卒業証書授与式

3月12日(木)、令和元年度 高等部卒業証書授与式が行われました。

当日は別れを悲しむ生徒、新しい生活に心踊らせる生徒、様々な思いを胸に

卒業式を迎えました。

式中、涙を流し泣き出す生徒もいましたが、卒業生の言葉として、保護者へ

の感謝の気持ち、将来の夢など三年間の思いを全生徒が堂々と伝えること

ができました。

そして、式が終わると友達や先生達との別れを惜しみつつもみんな笑顔で

新しい一歩を踏み出すことができました。

 

小学部 6年生を送る会

3月3日(火)に、小学部で「6年生を送る会」を行いました。

心のこもったプレゼントや発表に6年生はとても嬉しそうでした。

中学生になっても勉強、運動、何でも全力でがんばって下さいね。

                             

高等部3年生 社会体験学習

2月25日(火)、高等部3年生は、秩父にある「小松沢レジャー農園」に行き、屋外でバーベキューをしたり、いちご狩りをしたりしました。

 

バーベキューでは、溶岩プレートで肉と野菜を焼き、キノコがたくさん入った味噌汁で体を温めながら和気あいあいと楽しみました。

いちご狩りでは、赤く大きないちごを自分たちで摘んでおいしそうに食べていました。

いちご狩り中には、「どこのクラスが一番大きないちごを摘み取れるか!」のゲームをする等、バーベキューといちご狩りを満喫しました。

 

帰りは、花園フォレストでバームクーヘンや焼き菓子、クッキーの詰め放題など、家族へのお土産をたくさん買っていました。

高等部1年生 社会体験学習

2月19日(水)に、高等部1年生は「行田郷土博物館」に行きました。

博物館内では、指導員の方の説明を聞いたり、クイズラリーをしたり、のんびり自由見学をしたりしました。

 

指導員さんからは、行田の歴史についてわかりやすく教えていただき、クイズラリーでは、展示物を見ながらクイズの答えを探しました。

4階からの展望はとてもきれいで、晴れていたので富士山まで見えました。

 

 

 

博物館見学の後は、各クラスで外食をしました。ピザ、うどん、創作和食などクラスで決めたお店でおいしい昼食を堪能しました。

 

高等部2年社会体験学習

2月13日(木)に社会体験学習として、

ジョイナスボウルとすたみな太郎に行ってきました。

 

ジョイナスボウルでは、ボウリングを2ゲーム楽しみました。

ストライクやスペアが出ると、友だちとハイタッチをして盛り上がりました。

  

すたみな太郎では、焼き肉やお寿司、サラダ、ソフトクリーム、

ドリンクバーの中から、生徒一人一人が好きなものを選び、

お腹いっぱいに食べました。

  

帰りのバスでは、満腹で寝てしまう生徒も・・・。

日ごろ学校ではできない貴重な体験をすることができました。

小学部 低学年 社会体験学習

社会体験学習で、アイビーボウル北本に行ってきました。

補助台を使用したり、自分で転がしたりして、みんなでボウリングを楽しむことができました。

帰りのバスでは「楽しかった!」という声も聞こえ、いい思い出ができました。

事前学習で確認した約束を守り、練習の成果を発揮することができました。

 

 

 

小学部 高学年 社会体験学習

社会体験学習で、グリコピアイーストに行ってきました。

ポッキーやプリッツの製造過程を見学したり、クイズを楽しんだり、

子供たちはとても嬉しそうでした。

事前学習で確認した約束を守り、静かに見学をすることができました。

      

 

3学期 始業式

1月8日(水)に終業式を行いました。3学期頑張ることの発表では、高等部の生徒が、朝のトレーニングや実習など、残り少ない3学期の目標をみんなの前で発表することができました。

 

中学部 クリスマス集会

12月18日(水)に中学部で「クリスマス集会」を行いました。先生方の楽しい演奏に心踊り、きれいな歌声を聴いたり、

パプリカを歌ったりして、大いに盛り上がりました。

その後はまさかのサプライズ登場で行特にサンタがやってきてきました。

たくさんのプレゼントを頂きました。サンタさん、ありがとう。

スムーズな司会進行のもと、ビンゴゲームも楽しく行われ

子ども達は景品選びに夢中になりました。


小学部高学年 クリスマス集会

小学部高学年のクリスマス集会が、12月17日に行われました! 

待ちに待ったクリスマス集会は「あわてんぼうのサンタクロース」の曲から始まりました。
イルミネーションのカウントダウンでは、暗い中にカラフルな光が灯った瞬間、
「わぁ~!!」「きれい~!」と歓声が上がっていました。
立ち上がって周りを見渡したり、「僕の好きな赤がある!」と、色に興味を持ったり、思い思いにイルミネーションを鑑賞していました。

イルミーネーションの後は、サンタクロースとトナカイさんの登場です!

サンタさんと握手したり、図工の時間に作った作品の感想を聞いたりしたあと、
ゲームの時間も一緒に過ごしました。

ゲームの後は、サンタさんから一人ずつ、プレゼントをもらいました。
直接サンタさんから手渡されたプレゼントを大切そうにかかえる子どもたち。
プレゼントを持って、みんなとても嬉しそうでした。

サンタさんとトナカイさんとのお別れのときに「来年もまた来てね!」と伝えました。
きっと気持ちが伝わり、来年も会えることでしょう。

 

小高 ALT交流会

129日(金)に、ALTのデーン先生が来校され「ALT交流会」を行いました。

まずはじめに先生と英語であいさつをして、
みんなで
Head Shoulders knees and Toesを踊りながら歌いました。
次に「世界の国々を見てみよう!」ということで、スクリーンにGoogleマップで
映された世界の山や街・建物の映像を見て
「すごーい」「こんなところがあるんだー」と異国の様子に思いをめぐらせていました。
デーン先生のお宅も見ましたよ。

 最後にデーン先生と一緒に「品物とりゲーム」を行いました。
先生が品物の名前を英語で言うと、それを聞いたみんなは先生が
ネイティブの発音で言った品物を取りに走りました。
「バナナがあった~」「ヘルメットみーつけた!」と、
元気な声が響き渡りました。

 デーン先生との楽しいひとときを通して、
外国の異文化に触れた一日となりました。
 

中学部 ALTとの交流会

12月13日(金)に、中学部でALTとの交流会が行われました。

ALTのデーン先生と、クリスマスの歌『Jingle Bell Rock』を

歌ったり、じゃんけんトレインをしたりしました。英語で、

「Hello! Im~.」と挨拶や自分の名前を言ったり、

「Rock, Scissors, Papers, Go!」とじゃんけんをしたり

することができました。デーン先生と一緒にゲームができて、

みんな大喜びでした。
 

中学部 学校間交流

12月10日、行田中学校1年生と学校間交流を実施しました。今回の交流も相手校の生徒と
ペアになって活動を行いました。はじめの会では本校の先生による『パプリカ』のバンド演奏に
合わせて、生徒の皆さんは振り付けや手拍子を入れて歌いました。フラフープとりゲームでは
音楽に合わせて一緒にフープに入れるように協力したり、○×ゲームでは一緒に
正解だと思う所に移動したりしました。ゲームの終わる頃には笑顔や話が弾む姿が
多く見られました。
 

令和元年度 第2回学校保健委員会

12月10日、言語聴覚士の毛束真知子先生より、

「発達と食事~コミュニケーション能力を伸ばすために~」をテーマに

講義をしていただきました。

 

手軽に食べられるパンやヨーグルト等の食事が身体に与える影響や

腸内環境と心身の関係性など、多くの学びを得る機会となりました。

 

ご多用中、ご講義いただきました毛束先生には、深く感謝申し上げます。
 
      

小高マラソン記録会

12月9日に小高マラソン記録会が行われました。

12月ということもあり、非常に寒さの厳しい中での実施となりました。

日ごろの朝マラソンだけでなく、11月には体育でマラソンをするなど、
練習を積み重ねて本番に臨むことができました。

 

準備体操を終えて2つのチームに分かれて
順番に10分間のマラソンを行いました。本番ということもあり、
少し緊張した様子の児童もいましたが、みんな一生懸命走ることができました。
自己ベストを出す児童もたくさんいました。

 

友達や教員、保護者の方々の声援の中、がんばって走った経験は、
今後の学校生活や日々の生活の中できっと自信となっていくと思います。

   

令和元年度凶器等を所持する不審者への対応訓練

12月2日、「凶器等を所持する不審者への対応訓練」が
教職員、児童生徒を
含め、学校全体で実施されました。
警察の方が不審者に扮して学校へ侵入し、ナイフを振り回し暴れるという設定でした。
不審者への初期対応から警察官が到着するまでの間、
教職員はさすまたで応戦しました。先日のさすまた研修がとても役に立ちました。
不審者も警察官に確保され、全員の無事が確認されました。

学校における不審者対応は、さまざまなケースがあると思われますが、
一連の流れを体験することで、いざという時に落ち着いて行動できると思います。

ご指導していただいた行田警察署の皆様に感謝申し上げます。
   

高等部マラソン大会

123日に高等部マラソン大会が開催されました。

当日は天気にも恵まれ、例年に比べ風もなく絶好のマラソン日和となりました。

 

本校生徒は1.1km2.2km3.3km4.4kmのコースに挑戦しました。

 

優勝を目指す生徒や、入賞を目指す生徒、30分以内に

ゴールすることを目標とする生徒とそれぞれの目標に向かって

朝トレでトレーニングを積んできた成果を発揮し、

熱いレースが展開されました。

 

走る前は緊張しこわばった表情の生徒たちでしたが、
走り終わった後は完走した満足感や充実感で笑顔が見られました。

この大会を機に走ることの楽しさ、つらいことを

乗り越えることの大切さに気付いてくれたらと思います。
  


  

令和元年度不審者対応研修

 11月27日、不審者対応研修を行いました。

本校教職員約100名が参加しました。行田警察署の方を講師としてお招きし、
不審者侵入の時対応と護身術についての指導をしていただきました。
また、さすまたを使用しての不審者対応も体験することができました。

  今回の研修は、12月2日に実施の「凶器等を所持する不審者への対応訓練」に
つながる研修として、とても有意義なものとなりました。

 

中学部マラソン大会

11月19日、秋晴れの中、マラソン大会が行われました。1・2年生については宿泊学習の
2週間後という日程ではありましたが、全員が、日頃の朝トレの成果をみせるよい機会となりました。
今回は、10周が2グループ、15周が1グループの合計3グループでの実施となりました。
開会式で元気よく体操した後、「がんばって走るぞ!」とみんなで掛け声をかけ、それぞれの
思いを込めて一生懸命に走りました。
見守る保護者の方々、友達や教員からの声援を背に、いつも以上のがんばりを見せ、
底力を感じさせてくれた生徒も多く見られました。
各レースで3位までに入賞し、メダルをもらえた生徒だけでなく、緊張感を感じる中で最後まで
自分のために走りきった全ての生徒達の頼もしい姿がとても印象的でした。