校長室だより

校長室から

入学式


 本日は、小学部・中学部・高等部の入学式が行われました。

 例年より遅咲きの桜は、今日の入学式を待ってくれていたかのように美しく咲き誇り、

 新入生を迎え入れてくれました。

 小学部8名、中学部25名、高等部35名の新入生は、緊張した様子ながらも、

 呼名をされると元気よく返事をすることができました。

 「生徒会長による歓迎のことば」 「新入生代表によることば」は、どちらも堂々として大変立派なものでした。

 式の最後には、在校生、教職員一同による「笑顔がかさなれば」の合唱が行われ、 

 子どもたちの元気な歌声が体育館に響き渡りました。

 冬が戻ってきたかのような冷たい雨が降る中での式でしたが、

 あたたかな雰囲気の中で入学式を行うことができました。

 ご多用の中、ご臨席賜りましたご来賓の皆様、保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

  
 


新年度がスタートしました

   満開の桜に見守られ、平成29年度がスタートしました。

 今日は始業式が行われ、 静かだった学校に子供たちの元気な声が響き渡り、一気に活気が戻ってきました。

 春休み中、先生方は子供たちを迎えるため、教室の飾りつけや教材の準備に日々追われていましたが、
  今日の子供たちの笑顔を見て、疲れも吹き飛んだことと思います。

  

 ハード面での準備だけではなく、先週の6日には、志賀利一先生をお迎えして職員研修会を行い、
  「自閉症の理解と適切な支援の在り方について」の学びを深め、指導力向上という面からも子供たちを迎える準備を整えてきました。

 子供たちには新しい教室、新しい先生、新しい友達に1日も早く慣れ、毎日元気に楽しく学校に通い、
  落ち着いて学習に取り組めるようになってほしいと願っています。
 
 新しい学年で元気いっぱい頑張りましょう!

 

別れの季節

  昨日、平成28年度修了式を終え、子供たちは春休みに入りました。 

子供たち一人一人がそれぞれに頑張った1年間、大きな成長を見せてくれました。

 先日新年を迎えたと思ったらもう3月下旬、月日が経つのは早いものです。
 早くも桜の開花が報じられ、色とりどりの花壇の花は、暖かな春の日差しを浴びて輝いています。
 春の訪れに心浮きたつ季節なのに、どこか一抹の淋しさを感じるのは、
 春は別れの季節でもあるからでしょうか。

高等部3年の生徒が学校を去り、そして教職員にとっては転退職の季節でもあります。

「新しい環境に踏み出すのは、とても勇気がいることです。できればこのまま同じ環境にいたい、
  そんな思いもあるかもしれません。でも、あるスポーツ選手が海外のチームに移籍する際に、
 『このまま今の環境にいるのは確かに楽かもしれない。でもそれでは自分にとって進歩も成長もない。
  あえて新しい環境に身を置いて、自分を磨き成長させていきたい。』と語っていました。
  子供たちにもそんなチャレンジ精神をもって、意欲的に新しい環境に乗り出していってほしいと思います。」   
 (「
学校だより3月号」より一部抜粋)

これは卒業・進級する生徒に向けた言葉であり、同時に転退職を控えた職員に送る言葉でもあります。
 誰でも環境が変わるのは不安です。それは大人も子供も変わりません。
 でも不安以上に期待も大きいはず。
 この機会を自分が成長するチャンスととらえ、
 新たな環境で自分の力を存分に発揮してくれることを祈っています。


 

 

 

 

学びあい

 本校では、今年度、自閉症支援に重点を置いた教室環境の整備(教室の構造化)や授業改善に取り組んできました。
 その結果、子供たちがより落ち着いて、自主的に学習に取り組む姿勢が見られるようになっています。

 今年度は小学部中心の取組だったため、来年度は中学部にもその取組を広めようと、
 学部を超えた教員の学びあいが行われています。
 本日の放課後は、小学部の複数の教室を開放して、各担任が構造化のねらいとその成果、
 特に子供たちの行動の変化や成長ぶりについて説明しました。
 また、ワークシステムを活用した授業改善の取組についても説明をしました。

 各担任は、学級集団としての実態とともに一人一人の子供の実態に合わせた工夫や配慮をしているため、
 2つとして同じ教室はありません。
 来年度、小・中学部を担当する予定の教員が教室を訪れ、
 それぞれの担任の工夫のポイントに興味深く聞き入り、
 熱心に質問したり、写真を撮ったりしていました。
 
教員の様子から本気度が伝わってくる、とても良い研修となりました。

                                    
  
 学校は、年度末を迎え、今年度のまとめと併行して、新年度に向けての準備を行っています。
 春休み明けには、準備万端整えて、元気な子供たちを笑顔で迎えたいと思います。
 来年度も子どもたちの持てる力を十分に伸ばせるように、
 今後も教室環境整備や授業改善に、
 しっかり取り組んでまいります。


 

給食レシピ集


  本校が平成28年度学校給食努力校として表彰されたことは、先日このコーナーで紹介いたしました。
 本校の給食は、野菜を多く使用し、昆布やかつお節で出汁をとり、素材の味を大切にしています。

   この度、本校の給食レシピ集ができました。

  今回は、栄養教諭が、野菜をたっぷりとれる、ヘルシーなメニュー35種を選び出しました。
 もちろん、チキンカツやささみのレモン揚げなど、子供たちの大好きなメニューも入っています。
  材料、作り方などを掲載し、ご希望いただいた保護者の方にお配りしました。

 


 早速私も自宅で活用してみましたが、
私でも美味しく作れて家族に好評でした(*^^*)

  第
2弾、第3弾の発行も予定しているとのこと、

  楽しみにしたいと思います。
 ご興味のある方はお問合せください。