ブログ

交通安全教室

6月13日は「交通安全教室」がありました。

 

今年は、埼玉県警のふれあい隊の方々や行田警察署の方々に来ていただきました。

 

小学部は、行田警察署の方々から「横断歩道の渡り方」についてハンドサインを用いて教えていただきました。子どもたちは、指示に従って「右、左、右」と指差し確認をした後に手を挙げて渡る練習をしました。また、パトカー見学では運転席や赤色灯の点滅など興味津々に見学することができました。

中学部と高等部は、前後半に分かれてふれあい隊の方々から「信号の確認」と「横断歩道の渡り方」を中心に話を聞きました。

横断歩道の渡り方では実戦練習を行いました。渡っている間も周囲の確認を忘れずに練習をすることができました。

 

家庭ではもちろん、学校の授業でも校外に出ることはあります。児童生徒が安全に学習に取り組めるよう、ポイントについては繰り返し学んでいきたいと思います。