校長室だより

2017年2月の記事一覧

贈り物

 先日、高等部手工芸班の髙橋君から、
 校長室に素敵な贈り物が届けられました。

 卒業式や入学式でご来賓の方をお迎えする控室の
 テーブルにかける純白のテーブルクロス8枚です。

 
 
 昨年、私が着任して間もなくの入学式で、
 来賓控室のテーブルにカバーがなかったのを見て、

「お客様をお迎えするのに、これでは少し寂しいですね。」と言ったところ、 
 その呟きを受け止めてくれた職員が担当者に伝え、
 職員間の連携により、職員と生徒が丁寧に手作りのテーブルクロスを製作してくれました。


 生徒は作業学習の時間に、職員の指導のもと、
 
1枚1枚、丁寧にミシン掛けをしてくれました。

 2.5ミリ単位のミシン目は寸分たがわぬ正確さで、

 見事な直線縫いに仕上がっています。

 自分たちの卒業をお祝いしてくださる方々への

 感謝の気持ちを込めて丁寧に仕上げました。


 今年はさらに、各テーブルに陶芸班の生徒が作った花びんを置き、

 季節の花を活けてお客様をお迎えしたいと思います。

 今、生徒たちが卒業式に向けて、心を込めて花びんを作ってくれています。 
 8個の花びんの出来上がりが楽しみです。 

 
     素敵な色合いの趣のある花びんです    

 卒業まであと1か月を切りました。

 特に高等部の生徒は社会に巣立つ直前の最後の学校生活です。

 1日1日の生活を充実させて、たくさんの楽しい思い出を胸に

 社会に飛び立ってほしいと思っています。

 そして、辛いことや悲しいことがあっても

 本校での数々の思い出が生徒たちの心の支えとなり、

 困難を乗りきって前へ進む力となってくれることを願っています  

 

 

 

生徒作品

埼玉県立総合教育センターの一角に、特別支援学校や特別支援学級で学ぶ児童生徒の作品が展示されているコーナーがあります。

本校から高等部3年 磯部君の作品が展示されています。

磯部君は、絵を描くことが得意で、見事な集中力を発揮してこれまでに数多くの作品を仕上げてきました。
展示されているのはその中の3点です。
 
                    
         バラの花                    一部拡大

緻密な筆遣いと大胆な構図で、立体的に再構成されたバラの花。

華やかな美しさと繊細な表情を兼ね備えています。

1つ1つのとげや1枚1枚の葉は、見ているだけで指先にその感触が伝わってくるようです。

  
                                         


大胆な色彩を使い、幾何学的な模様が一定の秩序を保ちながら、「あしか」や「ぞう」を描き出しています。

緩やかな時間を過ごしている「あしか」の柔らかな息づかいや

一つの平面でありながらも全体としては力強く、今にも動き出しそうな「ぞう」を感じることができます。

素晴らしい才能ですね。
社会人になってからも、大好きな絵を描き続けてほしいと思います。

今は、校長の似顔絵を描いてくれています。

とても楽しみにしています。

「かわいらしく描いてね」と、無理なお願いをしてしまいましたので

今ごろきっと困っていることでしょう・・・。

完成したらまたこのコーナーでご紹介したいと思います。


 


 

地域の皆様に支えられて

 この度、本校近くにある大久保会計事務所の大久保毅所長様から、
  本校にTシャツやハーフパンツなど、スポーツウエアのご寄付をいただきました。
 
早速、先日の駅伝大会で、高等部の生徒が着用させていただきました。

 お揃いのウエアを着て、チーム力を発揮することができました。

 今後も大切に使わせていただきたいと思います。

 高等部の学部主事、前生徒会長と共にお礼に伺い、感謝状と高等部木工班の生徒が
  作業学習で心を込めて作った木製ベンチをお渡ししてきました。

 地域の皆様の温かさ、地域の皆様とのつながりを改めて感じております。

 ご支援に心より感謝申し上げます。


                                  


 

 

高等部入学選考が行われました

 今日は高等部の入学選考の日。

 朝早くから受検生が来校し、真剣なまなざしで学力検査や運動能力検査、面接などに取り組みました。 

 来年度の入学生は、4月から「職業生活型」「生活充実型」「生活基礎型」の3つの教育課程に分かれて学習をします。
 本日の入学選考では、その課程選考も行われました。

 緊張しながらも、日頃の力を十分に発揮できたことを願っています。

 
 午後、すべてを終えた受検生は、ほっとした清々しい表情で帰宅していきました。

 受検生の皆さん、保護者の皆様、大変お疲れさまでした。

 今日は北風が吹き荒れるとても寒い1日となりました。

 でも季節は確実に春に向かっています。
 
今日もまた春が一歩近づきましたね。


 

県民総合体育大会兼埼玉県障害者駅伝大会に出場しました

1月28日、前日までの厳しい寒さが緩み、春の気配を感じさせる暖かな陽射しの中、高等部の生徒12名が駅伝大会に参加しました。
    男子チームはインフルエンザのため選手が揃わず、残念ながら正式記録を出せませんでした。
    また、女子チームは第9位ということで惜しくも入賞を逃しました(第8位までが入賞)。

    結果はともかく出場した生徒たちは全員が懸命に走り、バトンをつないでくれました。

平成28年度、高等部の生徒たちは、各種スポーツ大会で素晴らしい活躍をしています。
  夏の暑さや冬の寒さにも負けず、生徒たちは教職員と共に一生懸命練習を重ねてきました。
  今年度はその成果が目に見える形で表れてきています。

  
 今年度のこれまでの主な結果をお知らせします。

平成28年度の大会成績

 ・ 
5月 :埼玉県特別支援学校体育連盟主催陸上大会 走り幅跳び 人 第8位


 ・11月:第29回県民総合体育大会
      平成28年度彩の国ふれあいピック
フットベースボール大会
      フレンドシップの部 
          

      行田フライヤーズ:第1位(優勝)   行田蓮ジャーズ:第3位

 ・12月:第29回県民総合体育大会
      平成28年度彩の国ふれあいピックサッカー大会 
      
フレンドシップの部  
第3位


  今は2月10日のバスケットボール大会に向けて練習に励んでいます。

生徒たちのまだまだ伸びる力を信じ、徐々に目標を高めながら指導に専念する教職員。

教員の指導に真剣に耳を傾け、その期待に応えようと懸命にボールを追う生徒たち。

見ていてとても清々しく、気持ちのよいものです。

表彰式で、誇らしげに微笑む生徒たちの姿をまた見てみたいものです。

今後とも皆様の応援をよろしくお願いいたします。

   
 
彩の国ふれあいピック球技大会
 フットベースボール大会 優勝トロフィー