校長室だより

2017年3月の記事一覧

別れの季節

  昨日、平成28年度修了式を終え、子供たちは春休みに入りました。 

子供たち一人一人がそれぞれに頑張った1年間、大きな成長を見せてくれました。

 先日新年を迎えたと思ったらもう3月下旬、月日が経つのは早いものです。
 早くも桜の開花が報じられ、色とりどりの花壇の花は、暖かな春の日差しを浴びて輝いています。
 春の訪れに心浮きたつ季節なのに、どこか一抹の淋しさを感じるのは、
 春は別れの季節でもあるからでしょうか。

高等部3年の生徒が学校を去り、そして教職員にとっては転退職の季節でもあります。

「新しい環境に踏み出すのは、とても勇気がいることです。できればこのまま同じ環境にいたい、
  そんな思いもあるかもしれません。でも、あるスポーツ選手が海外のチームに移籍する際に、
 『このまま今の環境にいるのは確かに楽かもしれない。でもそれでは自分にとって進歩も成長もない。
  あえて新しい環境に身を置いて、自分を磨き成長させていきたい。』と語っていました。
  子供たちにもそんなチャレンジ精神をもって、意欲的に新しい環境に乗り出していってほしいと思います。」   
 (「
学校だより3月号」より一部抜粋)

これは卒業・進級する生徒に向けた言葉であり、同時に転退職を控えた職員に送る言葉でもあります。
 誰でも環境が変わるのは不安です。それは大人も子供も変わりません。
 でも不安以上に期待も大きいはず。
 この機会を自分が成長するチャンスととらえ、
 新たな環境で自分の力を存分に発揮してくれることを祈っています。


 

 

 

 

学びあい

 本校では、今年度、自閉症支援に重点を置いた教室環境の整備(教室の構造化)や授業改善に取り組んできました。
 その結果、子供たちがより落ち着いて、自主的に学習に取り組む姿勢が見られるようになっています。

 今年度は小学部中心の取組だったため、来年度は中学部にもその取組を広めようと、
 学部を超えた教員の学びあいが行われています。
 本日の放課後は、小学部の複数の教室を開放して、各担任が構造化のねらいとその成果、
 特に子供たちの行動の変化や成長ぶりについて説明しました。
 また、ワークシステムを活用した授業改善の取組についても説明をしました。

 各担任は、学級集団としての実態とともに一人一人の子供の実態に合わせた工夫や配慮をしているため、
 2つとして同じ教室はありません。
 来年度、小・中学部を担当する予定の教員が教室を訪れ、
 それぞれの担任の工夫のポイントに興味深く聞き入り、
 熱心に質問したり、写真を撮ったりしていました。
 
教員の様子から本気度が伝わってくる、とても良い研修となりました。

                                    
  
 学校は、年度末を迎え、今年度のまとめと併行して、新年度に向けての準備を行っています。
 春休み明けには、準備万端整えて、元気な子供たちを笑顔で迎えたいと思います。
 来年度も子どもたちの持てる力を十分に伸ばせるように、
 今後も教室環境整備や授業改善に、
 しっかり取り組んでまいります。


 

給食レシピ集


  本校が平成28年度学校給食努力校として表彰されたことは、先日このコーナーで紹介いたしました。
 本校の給食は、野菜を多く使用し、昆布やかつお節で出汁をとり、素材の味を大切にしています。

   この度、本校の給食レシピ集ができました。

  今回は、栄養教諭が、野菜をたっぷりとれる、ヘルシーなメニュー35種を選び出しました。
 もちろん、チキンカツやささみのレモン揚げなど、子供たちの大好きなメニューも入っています。
  材料、作り方などを掲載し、ご希望いただいた保護者の方にお配りしました。

 


 早速私も自宅で活用してみましたが、
私でも美味しく作れて家族に好評でした(*^^*)

  第
2弾、第3弾の発行も予定しているとのこと、

  楽しみにしたいと思います。
 ご興味のある方はお問合せください。

  


 

 

 

卒業を前に


  卒業の季節を迎えました。

来週14日は高等部の卒業式、17日には小学部・中学部の卒業式が行われます。


  卒業を前に、各学部ごとに「卒業生を送る会」を行いました。(中学部は来週)

在校生たちは、卒業生のために、心を込めて歌やダンスを披露し、卒業生に感謝の気持ちを伝えました。

卒業生も、歌やダンスで応え、下級生にエールを送ります。

大好きな先輩の卒業は淋しいけれど、この時ばかりは会場いっぱいに笑顔が広がりました。

「卒業式では校長先生も泣いちゃいますか?」生徒が心配して声をかけてくれます。

「そうね、泣いちゃうかもしれないね・・・。」

「校長先生、頑張ってください!」
  
生徒からの優しい言葉に、日々元気をもらっています。

今、学校中に「おめでとう」と「ありがとう」の言葉があふれています。

卒業まであとわずか、、、卒業生の皆さんには、友だちや下級生、先生との時間を大切に過ごしてほしいです。


 

  

  

 

行田ロータリークラブ学校訪問

昨日、行田ロータリークラブ会員の方が、本校を訪問されました。

特別支援学校の見学は初めてという方がほとんどでしたので、

本校の教育活動や子供たちのことを知っていただく良い機会となりました。

本校の概要説明とともに、今年度重点的に取り組んだ「高等部教育課程の複数化」や

本校独自に設置した「進路指導サポーター」の仕事について説明いたしました。

また、校内見学のポイントとして「自閉症支援に重点を置いた教育環境整備」や

「視覚支援教材の活用」などについても説明しました。

PTA会長からもご訪問のお礼と保護者としての思いや願いについて語っていただきました。

その後、小学部から高等部まで授業や下校時の様子を見学。

途中、卒業を控えた高等部3年の生徒に、

4月からの生活についてインタビューをしたり、

温かい激励の言葉をかけていただいたりしました。

見学後は、作業学習の様子(スライド)や作業学習で製作した製品を実際に見ていただきました。
  続いて、
進路指導主事から、本校の進路指導について説明し、

また、本校の進路指導サポーターからも、障害者雇用について説明をさせていただきました。

「障害者を雇用すると95%の職場が変わる。思いやりや優しさ、助け合いの精神が生まれます。」という言葉が印象的でした.

 最後に、副会長様から感想として「先生方がとても熱心に、様々な工夫をしながら教育活動をしていることが分かりました。
 この学校に入った子どもたちは幸せですね。」「これを機会に今後も繋がりがもてるといいですね。」という温かいお言葉をいただきました。

          
 本校生徒の製品の見学

  将来、地域での社会的自立を目指す子供たちにとって、

地域の皆様に本校のことを知っていただくことはとても大切なことと考えます。

ロータリークラブ会員の皆様には、今後も本校へのご支援とともに、障害者雇用に対する一層のご理解、

また、障害の有無にかかわらず共に尊重し支えあえる共生社会の実現に向けて

一層のお力添えをいただけるようお願い申し上げたいと思います。ありがとうございました。

    
 進路指導サポーターからの説明