校長室だより

2017年9月の記事一覧

親子交流会


 本日、小低ブロックの親子交流会が行われました。
 小学部1年生から3年生までの子どもたちが、
 お父さんやお母さんと一緒に、楽しく身体を動かして遊びました。

 普段から元気いっぱい、笑顔いっぱいの子どもたちですが、
 今日はお父さん、お母さんと一緒に遊べて
 にこにこ笑顔が一段と輝いていました。

 お忙しい中、ご来校いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

すまいるプログラム(職員研修会)


   本日、本校を会場に、埼玉県自閉症協会主催の「第1回すまいるプログラム」が行われました。

 「感覚統合」と「自閉症支援」について、第一線で活躍している専門家から同時に学べる貴重な研修会です。

   本校の職員24
名に加えて、他校からも多くの先生方が参加し、総勢約70名が、学校の枠を越えて学び合いました。

  第1回の今日は、教職員自身が身体の感覚や触覚・聴覚などを使って、感覚統合の用具を体験しました。
  第2
回、第3回は、実際に本校の児童とともに、研修を進めていきます。
  ご協力いただける保護者の皆様に感謝申し上げます。

   石井様、加藤様、小材様はじめ、本日ご指導いただきました先生方に感謝申し上げます。
  研修で学んだことを教室で実践し、子どもたちのよりよい発達、成長に結びつけていきたいと思います。


 
 
 

2学期が始まりました


 今日から2学期が始まりました。

 学校には子どもたちの明るい笑顔と元気な声があふれ、

 いつもの活気が戻ってきました。

 久しぶりに登校してきた子どもたちの生き生きと輝く目からは、
 2学期も頑張りたい!という気持ちが伝わってきて、

 私たち教職員も気を引き締めて頑張らなくては!

 という気持ちになりました。


 私からは、2学期の目標をしっかり立てて、

 その実現に向けて諦めずに頑張ってほしいという話をしました。

 
 また、どんなときも笑顔を忘れないでいてほしいということ。

 笑顔は誰にでも似合う最高のおしゃれです。
 みんなが笑顔でいたら、ますます素敵な学校になりますね。
 そんな話もしました。

 2学期、大人も子どもも笑顔で元気にがんばりましょう!