校長室だより

2017年11月の記事一覧

保護者会・PTAバザー


  本日、2学期の保護者会が行われました。

ご多用の中、多くの皆様にご出席いただきまして、ありがとうございました。


 保護者会後には、授業参観をしていただきました。

高等部3年生は、「紳士服のコナカ」の行田店長様をお呼びして、

フレッシャーズセミナーを行いました。
 まずは「身だしなみは人のため、おしゃれは自分のため」ということを理解し、
 社会人として、「身だしなみ」を整える大切さを教えていただきました。

 続いて、モデルとなった生徒4名が、黒や紺のスーツを着こなして登場し、

社会人としての基本的な身だしなみについて教えていただきました。
 4月から社会人としての第一歩を踏み出す生徒たち。

本日学んだことを忘れずに、好感を持たれる社会人を目指してほしいと思います。

 午後は、40周年記念事業の一環として
 
PTA本部主催のバザーが行われました。
 ご家庭に眠る不用品に加えて、

手づくりの品(バッグなど)もご提供いただき、

多くの皆様にご購入いただきました。

売れ残った絵本や体操着は、学校へ寄付していただけることになりました。

大切に使わせていただきたいと思います。
 保護者の皆様のご協力に感謝申し上げます。


学校評議員会

    
     本日、学校評議員会・学校評価懇話会が開催され、 

本校の今年度の教育活動について、第三者の立場から
    中間評価を行っていただきました。

本校の学校評議員は、群馬大学教授、地元の小学校長・公民館長、
    障害者雇用開発コンサルタント、そしてPTA会長です。
     授業、進路指導、学習環境整備、地域との連携・地域支援など
    教育活動全般について学校側から報告し、  
    それぞれ専門的なお立場からご指導・ご助言をいただきました。

  具体的なご助言として、例えば、
   授業参観していただいた高等部の「ボタン付け」について、
   家庭に帰ってからも、自分や家族のためにボタン付けをしてみるなど、
   学校と家庭が連携して学校での学びを家庭でも実践し、
   学校で学んだことをより定着させることが大切だというお話をいただきました。
    学校から家庭への情報提供の重要さを再認識しました。

   また、子どもたちが落ち着いて学習に取り組んでいる。
  先生方がとても手厚く工夫して子どもたちの指導を行っており、
   この学校の子どもたちは幸せですね、というお言葉をいただきました。
    日々頑張っている子どもたちや教員の姿勢を認めていただき、
    とても嬉しく思いました。

  本日いただいた貴重なご意見やご助言を、
  今後の学校運営に生かしてまいりたいと思います。
 

わくわくモーモースクール


  本日、本校で「わくわくモーモースクール」が行われました。

 吉田牧場から成牛1頭と子牛2頭が本校を訪れ、

 小中高全ての学部の子どもたちとふれ合いました。

 生後4日目という子牛にはまだ名前がなく

 本校で命名式を行うことになりました。

 名前はなんと「ハニーちゃん」!

 本校のゆるキャラと同じ名前です。

 すくすくと元気に育ってくれるといいですね。

 
 最初は怖々と触っていた子どもたちも

 身体の毛を触って「やわらか~い」と驚いたり

 乳搾りのポイントを教えていただいたり
 体育館ではバターづくりをして、クラッカーにのせて食べたり...
 実際に様々な体験を通して、学びを深めていきました。
 子どもたちは目を輝かせて、そして時折歓声をあげながら
 生き生きと活動することができました。

  また、高等部、中学部の生徒は
 酪農家の仕事についての講義を聴き、
 酪農家の方たちが一頭一頭の牛をとても大切に育てていること、
 その命の尊さを学びました。
 牛乳もバターもチーズも、そして牛肉も
 大切な命の恵みです。
 体験を通して感じた感謝の気持ちを
 これからの生活に生かしてほしいと思います。
 
 この事業は、酪農教育ファーム推進委員会主催で、

 全農さいたま、埼玉県畜産安全課など、

 多くの機関の皆様のご協力により実現されたものです。
 子どもたちにこのような貴重な体験の機会を
 いただきまして、誠にありがとうございました。

 *終了後、推進委員長の青木様より、
 「今日1日過ごしてみて、素直な子どもたちばかりで、
  先生方が子どもたちのことを一人一人よく理解して指導しており
  子どもたちも先生方のことを信頼しきっている様子が伝わってきました。
  教員と子どもたちの信頼関係が強固なことに驚きました。
  知的障害の特別支援学校では初の開催でしたが、
  とても感動しました。」
  とのご感想をいただきました。
  教育活動の全ての基本は信頼関係にあると
  考えている本校にとって、とても嬉しいお言葉でした。
 
  

 
 
                  哺乳体験
 
          乳搾り体験
  
         バターづくり
 
   作りたてのふんわり美味しいバターでした!

 

研究授業その2


 昨日、今日と、本校初任者の研究授業が行われました。
 小学部低学年と小学部高学年の体育の授業です。
 場所は体育館。
 ここ数日めっきり寒くなり、底冷えのする体育館ですが、
 子どもたちは元気いっぱい、
 半袖半ズボンで走り回っている子もいます。
 教員の中にも半袖で頑張っている人がいるのには驚きました。

 一方、見学だけの私は、失礼ながらダウンコートを着込んでの参観。
 それでも1時間近く見ていると身体の芯から冷えてきます。
 子どもたちは本当に元気ですね。
 今日も子どもたちからエネルギーをもらいました。
 
 初任者の先生方、お疲れさまでした。
 先輩の先生方に授業を見られて
 緊張したことと思います。
 この後の研究協議で、自身の授業を振り返り、
 他の先生方の意見を聞いて、しっかりと学びを深めてください。

 採用されて7ヶ月、子どもたちへの指導力もついてきました。
 将来が楽しみな先生たちです。

 
         小学部高学年 サーキット運動
 

陸王


  行田を舞台にしたドラマ「陸王」が放映されています。

 忍城や水城公園など、学校近くの馴染みのある風景が

 映し出され、親近感がわいてきます。

 市内の各地でロケが行われており、

 先日は本校スクールバス路線の途上でも

 交通規制が行われました。

 該当の保護者の方に停留所変更のお願いをしたり、

 高等部自主通学生の通学路を変更したりなどの

 緊急対応をさせていただきました。

 突然の依頼にもかかわらず、

 ご協力いただきありがとうございました。

 

 また、行田市の商工観光課の方々には、

 代替停留所の手配、スクールバスの誘導など、

 当日現場で丁寧に対応していただきました。

 ご協力に感謝申し上げます。

 *県南の校長先生方から

    「行田まち歩きツアー」を企画してほしいと

  頼まれました。
   「ロケ地めぐり」などもいいかもしれませんね。
  行田の良さをアピールしたいと思います。
  行田が有名になるのは、嬉しいことですね。   

  

    紅葉が美しい水城公園