校長室だより

2019年6月の記事一覧

相互理解

 毎年恒例の学校間交流。高等部の1年生が2台のバスに分乗し、誠和福祉高校を訪問しました。
 誠和福祉高校の生徒の皆さんの歓迎を受け、生徒たちはすぐに打ち解けることができた様子。協力しあいながらレクリエーションや共同作品づくりを通した交流の時間を過ごしました。
 今日出会った仲間と共に一つのことに取り組める素晴らしさ。相互理解が協働への第一歩です。

 共同作品

梅雨の晴れ間

 久々の日差し、梅雨の晴れ間のプール学習です。
 心配された気温もクリア。プールでは、生徒たちが水中での運動を通して、楽しみながら水に親しみました。
 みんなが大好きなプール。どうか天候に恵まれますように・・・。

 賑やかなプール

東小学校との交流会

 東小学校5年生の皆さんが来校。本校小学部の子どもたちは、レクリエーションなどを通じて、東小学校の仲間と交流を深めました。
 相手を尊重し、互いの個性を認め合う。そんな素敵な関係が、人と人をつなげていきます。

 体育館での様子

学校評議員会

 令和元年度第1回学校評議員会兼学校評価懇話会を開催。委員の皆様から本校の取組への貴重なご意見を頂戴しました。
 私たちが目指すのは、児童生徒の豊かな人生の実現。そのためにも学校は、社会との関わりを大切にし、地域の力、専門家の力を活かして、教育活動の充実に取り組みます。

 教室の様子を見学

経験は自信に

 高等部の現場実習が本格的に始まっています。
 今日も14名の生徒たちが学校を離れ、地域の企業や事業所へ。卒業後の自分の姿をイメージできる絶好のチャンスです。
 いつもと違う場所で、いつもと違う人と関わり、いつもと違う役割を担う・・・。実習での貴重な経験は自立に向けた大きな自信に繋がるはずです。

 実習を成功させる6つのことば