校長室だより

2019年7月の記事一覧

バスケの夏

 体育館に響く声とボールの音。バスケの夏が始まりました。
 高等部の部活動は、特別支援学校バスケットボール交流大会に向けた練習に取り組んでいます。
 春の陸上で大きな成果を挙げた生徒たち。今度はバスケの試合が舞台です。
 仲間との協働や自分との闘いなどの経験を通して、優しくたくましい青年へと成長してくれることを願っています。

 楽しくのびのびとプレー

終業式

 今日は1学期の終業式。各学部から、頑張ったことの発表がありました。
 小学部は歌。中学部はダンス。高等部は生徒個別の発表。それぞれが1学期の学びの成果を披露しました。
 いろいろなことがあった1学期。明日から学校生活はちょっとお休み。2学期も元気に頑張りましょう。よい夏休みを!

 中学部はダンスを披露

博物館へ

 現在、埼玉県立さきたま史跡の博物館で、本校高等部生徒の作業学習製品を展示中。
 一人でも多くの方々に生徒たちの力作をご覧いただけると幸いです。
 展示は7月26日まで。製品はみちの駅「めぬま」で購入することもできます。
 ぜひ足をお運びください。

 展示の様子

 → 埼玉県立さきたま史跡の博物館はこちら
 → 道の駅「めぬま」はこちら

新企画

 小学部はお祭り。学部集会の一環として行う新企画です。
 高学年のお兄さんお姉さんは店員さん。低学年のお友達はお客さん。
 店員さんはそれぞれ係の役割をしっかりと務め、お客さんはお友達を応援しながら、射的やボウリング、カラーボール入れなどのゲームを楽しみました。
 1学期もあと2日。まもなく待ちに待った夏休みがやってきます。

 射的ゲーム屋さん

赤城へ出発

 高等部2年生が校外宿泊学習に出発。
 目指すは「国立赤城青少年交流の家」。みんな元気にバスに乗り込みました。
 天気が少し心配ですが、順調に活動が進むことを願っています。いろいろな体験を通して、自然に親しみ、仲間と協力し合い、絆を深めてください。
 たくさんのお土産ばなしを楽しみにしています。

 いざ、出発!