校長室だより

2019年12月の記事一覧

今年の締めくくり

 学校は生徒たちにとっても活動納め。高等部余暇スポーツの生徒たちが、バスケットボールの練習の合間にグラウンド整備を手伝ってくれました。
 いろいろな学校行事で準備や片づけを積極的に手伝ってくれる頼もしい生徒たち。皆さんの行動は、間違いなく誰かを支え、助けています。これからも学校生活の中でたくさんの経験を積んで、もっともっと自分に自信を持ってくれることを願っています。
 行田特別支援学校は、今年も生徒たちの活躍で締めくくることができました。来年も児童生徒たちにとって、今年以上に素晴らしい1年になりますように!

よいお年を!

 いろんなことに取り組んで、大きな成果を上げた子どもたち。とりわけ様々な行事で見せてくれた、みんなで協力して一つのことをやり遂げる姿は素晴らしいものでした。
 今年の行田支援学校の児童生徒を表す言葉は、やはり「ONE TEAM(ワン チーム)」。学校中に素敵なチームワークがたくさん見られました。
 みんなで頑張った2学期も今日が終業式。明日からの冬休みが充実した毎日になることを願っています。3学期の始業式、またみんな笑顔で会いましょう。
 皆さん、よいお年をお迎えください!

はじめの一歩

 PTA主催の研修会「ハートコネクション」。今日は21名の保護者の皆さまに参加いただきました。
 今回のテーマは「教育支援プランA・Bにういて」。子どもたちの学びの指針となるプランはどのように作成するのか、どのように目標を設定し、評価するか・・・。保護者の皆さんの素朴な疑問や願いがたくさん話し合われました。
 保護者とともにプランA・Bについて意見交換し、一緒に考えていくことは『社会に開かれた教育課程』の実現に向けた小さな一歩。これからも保護者や地域の皆様と共に、子どもたちの生きる力を育んでまいります。
はじめの一歩

祝50周年

 高等部の交流会でお世話になっている誠和福祉高校は今年で創立50周年。本校から高等部木工班製作のベンチを寄贈させていただきました。
 前校長の利根川典子先生が来校し、懐かしい校長先生に会った生徒たちはみんな笑顔。贈呈セレモニーを通して木工班のメンバーから直接手渡すことができました。
 生徒たちの力作が、どこかで誰かの役に立つということはとても素晴らしいこと。今日のベンチが誠和福祉高校の皆さんに愛用されることを願っています。
祝50周年01

お礼状をいただきました。
 お礼状をいただきました。

お祝いの気持ちを込めて製作しました。
お祝いの気持ちを込めて製作しました。

一足早い・・・

 本校は一足早いPTA主催のクリスマス会。土曜日の行事にもかかわらず、たくさんの児童生徒が参加し、楽しい時間を過ごしました。
 盛りだくさんのプログラムの中には、高等部の太鼓部とダンス部のステージ発表も。ハニーちゃんやサンタさんも登場し、ゲームや抽選会で盛り上がりました。
 余暇をいかに過ごすかは、豊かな人生を送るうえでとても重要。いろいろなイベントに出かけたりサークル活動に参加したりして、余暇を充実させることを目指しましょう。

 クリスマス会

 気合の入った太鼓部の発表。
 太鼓部

 元気あふれるダンス部の発表。
 ダンス部

 ハニーちゃん・サンタさんも登場。
 サンタさ~ん!