校長室だより

2020年2月の記事一覧

1年間の成長

 今日は全校保護者会。参加の皆様にマスクの着用をお願いしての実施でした。

 全校保護者会に続いては授業参観と学年別懇談会。小学部低学年と中学部は合同で音楽発表会を実施し、小学部低学年は元気よく「荒馬踊り」を発表しました。

 そのほかの学年もそれぞれ保護者の皆様が見守る中、今年1年間の成長の成果を披露。保護者との共同作業に取り組んだ子どもたちはとても嬉しそうな表情です。

 これまで順調に教育活動を展開できているのは、何より保護者の皆様の温かい御支援のおかげです。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

小学部低学年の荒馬踊り

 

 

 

最後の行事

 高等部3年生が社会体験学習で秩父に向けて出発。いちご狩りとバーベキューが待っています。

 本来ならば東京ディズニーシーに行くはずでしたが行先を変更。生徒たちにとっては少し残念な結果でしたが、しっかりと気持ちを切り替えました。

 学校生活最後の行事。存分に楽しんで、仲間との思い出をつくってください。

秩父へ出発

教員も学ぶ

 行田特別支援学校が2年間にわたり取り組んでいる研究『新学習指導要領を踏まえた授業改善の取組』。今日の職員研修は今年1年間の研究成果の発表とまとめです。

 「何ができるようになるか 何を学ぶか 何が身についたか」をテーマに学部ブロックごとに実施してきた研究。目標の明確化、学習内容に対する評価の明確化をとおして授業の質の向上に取り組んできました。

 御協力いただいている群馬大学の霜田浩信教授に心から感謝。これからも私たち教員自身が学ぶ姿勢を失うことなく、子どもたちの「できる」を伸ばす授業の実践に取り組んでまいります。

研修会の様子

 

胸を張ろう!

 埼玉県特別支援学校バスケットボール大会2日目。準決勝に進出した女子チームは、惜しくもワンゴール差で敗れました。

 苦しい展開の中での後半の追い上げは見事。生徒たちが決してあきらめることなく、全員で全力でコートを走り、ボールを追い続ける姿に感動しました。

 試合後のみんなの悔し涙は、本気で取り組んだからこそ湧き出る心の底からの感情。今日の経験は、これからの人生にとってきっと大きな財産になるはず。今日のみんなは一段と輝いていました。自信をもって、堂々と胸を張ろう!

よく頑張った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 男子チームのみんなも応援ありがとう!

行田応援団

ステップアップ

 中学部の国語・数学の授業。グループごとに学習の内容が異なります。

 写真のグループの今日の学習課題は「長さ」。生徒たちは真剣な眼差しで、ものさしの目盛りを見て長さを測っています。

 生徒たちは日々の学習の中で、「できた」・「わかった」を積み重ねていきます。小学部・中学部・高等部、それぞれの成長段階に応じて学びの内容や学びの形態も変化。生徒たちは日々の学習を通して、着実にステップアップしています。

集中して学習に取り組む生徒たち