校長室だより

2020年6月の記事一覧

手塩にかけて

 小学部3年生はトウモロコシを育てます。今日は小さな苗を大きなプランターに植えました。

 教室の前に並んだプランターは、毎日自分たちの手で世話をすることができます。毎日成長を見ることもできます。

 子どもたちが手塩にかけて育てるトウモロコシ。子どもたちの純粋で真っ直ぐな心とたくさんの日差しを受けて、立派に育つことを願っています。

大きくなあれ!

おにぎり?

 子どもたちにとって主体的で対話的な深い学びとなる授業を提供することは、学校の重要な役割。お互いが自分の考えを伝えたり、人の意見に耳を傾けたりしながら、協力して何かを成し遂げる経験が、深い学びとなって大きな成長へと繋がっていくはずです。

 高等部のあるグループの学習教材はボッチャ。仲間同士で作戦を立てて協力しながらゲームを行うことが最終目標です。しかし、本校にはボッチャのボールがありません。そこで、教員は「ないならば・・・」と手作りボールを作ることから始まる学習計画を立てました。

 柔軟な発想でいろいろな授業を創造することが教員の仕事。その取組を支援し、環境を整えるのが校長の仕事。これからも子どもたちにとっても教員にとっても学びやすい環境づくりに努めてまいります。

手づくりボールです。

 

 

3つの約束

 全校児童生徒による通常登校がスタート。高等部では早速「新しい生活様式」を学びます。

 日々の学校生活で大切にしたいのは「マスクをつけよう」「手を洗おう」「距離(きょり)をとろう」の3つの約束。一人ひとりがしっかりと意識して、感染リスクを軽減していきましょう。

 人と関わる上で適切な距離感を持つことは、これからの社会生活においてとても大切。パーソナルスペースを意識できれば、卒業後も安心ですね。

3つの約束

 

 

 

 

 

 

 

 手はきれいに洗えたかな?

手洗いチェック

感謝

 22日から全児童生徒による通常登校。忘れかけていた日常が戻ってきます。

 保護者の皆様には、長い臨時休業期間中、ご家庭でのお子様の対応にご協力をいただき、誠にありがとうございました。大変なご苦労があったことと思います。改めて心から御礼申し上げます。

 登校する日、登校しない日、家にいる日、デイサービスを利用する日・・・。児童生徒の皆さんは、日々の変化への対応に苦しんだことと思います。よく頑張りました。来週からは、学校に来る毎日が続きます。体調管理に十分注意して、登校してきてください。

 学校のバスデッキ脇の目立たない場所に、ひっそりときれいなアジサイの花が咲いています。こんなに美しいのにとても控えめ。もっとたくさんの人に褒めてもらえるといいですね。

 学校で学ぶ子どもたちも同じ。学校生活の中で控えめに輝いている子どもたちがたくさんいます。私たち教職員は、そんな子どもたちに、もっともっとスポットライトを当てて、小さな輝きを大きな輝きへと変えていきたいと思います。

素敵なアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 通常登校となりますが、感染防止対策が重要です。引き続き毎日の検温や健康観察カードの提出などに御協力をお願いします。また、風邪症状や発熱がある場合には、登校を控えてください。

 なお、今後の感染状況等によって再度臨時休業となる場合があることを、あらかじめご承知おきください。

リラックス

 エアコンが入った室内で、ゆったりとした気持ちでストレッチ。今日は、体をほぐしながらリラックスです。

 児童生徒にとって、体力の保持・増進は極めて重要。ウオーキングやランニングで汗を流したり、ボール運動を楽しんだりしながら、生活の基盤となる体力の向上を目指します。

 今日のような体ほぐしも大切。学校では、感染防止と暑さ対策を意識しながら、児童生徒の体の状況に合わせた運動を提供し、将来の健康で安全な生活につなげていきます。

タオルを使ってストレッチ