校長室だより

2020年8月の記事一覧

気持ちを切り替えて

 日中の暑さはまだまだ厳しい状況ですが、朝の風は、少しずつ季節が秋に向かっていることを感じさせてくれます。

 8月も残り1週間。2学期に向けてエアコン工事も順調に進んでいます。

 児童生徒の皆さん、学校生活への準備はできていますか? 体調を崩していませんか? そろそろ気持ちを切り替えて、しっかり食べて、しっかりと寝て、そして早起きをして、新学期に備えてください。

 何か心配なことがあったら、遠慮なく学校に連絡してくださいね。だって新学期にあなたの元気な笑顔を見られることを教員一同楽しみにしているのですから。

工事は順調です!

 

 

安全を守る

 お盆も終わり2学期が近づいてきました。学校では新学期に向けた準備も始まっています。

 今日は全職員による大規模災害を想定した下校時の引き渡し訓練。大きな地震により、下校中のスクールバスが運行不能になった場合を想定して、児童生徒の安全確認から保護者へ引き渡しの手順を確認しました。

 例年は実際に保護者によるバスでの引き取りを行っていましたが、今年はバス内での長時間の密を避けるため、夏休み期間中を利用して職員のみで訓練を実施。同時にそれらを撮影し、職員研修用の動画資料を作成します。

 学校は安心・安全であることが何よりも大切。お預かりした子どもたちの安全を守ることができる学校であるために、これからもしっかりと研修や訓練に取り組んでまいります。

スクールバスが運行不能に。

 

 

 

 

 

 

 

 災害対策本部を設置。職員が現地に向かいます。

状況を把握して現地へ

 

 

 

 

 

 

 

 現地で、保護者に引き渡します。

保護者に引き渡し。

 

 

 

 

 

 

 

 協同バスの皆様、御協力ありがとうございました。

学校閉庁日ですが・・・

 今週、学校は閉庁日。でも、校内ではエアコン更新の工事が行われています。

 大変な暑さの中、お盆の時期にも関わらず工事を進めてくださる関係者の皆様に心から感謝。2学期のスタートに間に合うようにと、懸命に作業を進めていただいています。

 今後の工事が台風などの影響を受けないことを祈るばかり。厳しい残暑が予想される9月、新しくなったエアコンで、快適に学ぶことができる予定です。

工事中!

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 県内はもとより、全国各地で新型コロナウイルスの感染が広がっています。誰もが、いつ自分が感染してもおかしくないという状況。今年の夏はいつもとは違った特別な夏になっています。

 大切なのは、感染リスクを意識すること。「もしかしたら・・・」「かもしれない・・・」という想像力を働かせて、できる限り感染のリスクを回避する行動を選択をするようお願いします。

気をつけて!

 長い梅雨が明けたとたんに厳しい暑さ。体温を超えるような気温が続きます。

 こんな時、気を付けなくてはならないのが熱中症。外にいる時はもちろん、部屋の中にいるときも、しっかりと暑さ対策をすることが大切です。 

 児童生徒の皆さん、しっかり食べて、しっかり寝て、規則正しい生活を送っていますか? 熱中症に気をつけて、元気に夏休みを過ごしてください。

 保健室の前に大事なことが書いてありましたよ。覚えているかな?

問題です!

 

 

 

 

 

 

 

 正解は・・・

①暑さ(あつさ)をさける

②気温(きおん)や湿度(しつど)が高いときは、マスクをはずす

③こまめに水分補給(すいぶんほきゅう)をする

④日頃(ひごろ)から体調管理(たいちょうかんり)をする

⑤暑さ(あつさ)に備えた(そなえた)からだづくりをする

 

体験学習

 学校でいろいろな体験を通して多くのことを学ぶ子どもたち。その学びを支援するのが教員の役目。教員自身が学びの楽しさを知ることが、学習支援の質の向上には欠かせません。

 今日、学校では草木染の体験学習が行われました。時間をかけて様々な工程を経て作り上げる作品。最後に絞りを解くときのワクワク感と出来上がりの喜びは、まさに体験することの楽しさそのものです。

 自分の手で作り上げた作品を手にした参加者は皆笑顔。既に次回のチャレンジに向けて意欲満々です。

 子どもたちもきっと同じ。達成感や満足感が次の学びへのエネルギーになるはずです。

楽しい体験学習

 

 

 

 

 

 

 

 どんな仕上がりになるか、ドキドキ・ワクワク。

ワクワクの瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 見事な出来栄えに、みんな笑顔。

今日の成果です!