校長室だより

2020年10月の記事一覧

またおいで

 校内のあちらこちらに仮装した児童の姿。小学部ではいろいろなクラスがハロウィンにちなんだ活動を行っています。

 校長室にも「トリック・オア・トリート!」の声。今日はたくさんの子どもたちが校長室を訪れてくれました。

 普段、直接子どもたちと接する機会が少ない私にとっては幸せな時間。子どもたちからたくさんの笑顔とパワーをもらいました。

 校長室は “WELCOME” です。いつでもいいよ。またおいで。

手づくりマントが素敵

繋がる

 高等部作業学習の軽作業班は、おもちゃのパーツのバリ取り作業中。学校では地域の企業の協力を得て、商品の製造工程の一部の作業を行っています。

 生徒たちがかぶるヘアーキャップは、商品製造に携わる者としての責任の証。仕事や就労への高い意識や責任感を学ぶ貴重なチャンスです。

 自分たちの作業の先におもちゃを手にする子どもたちがいる。自分が社会と繋がっているという実感が、生徒たちの豊かな人生の実現の基盤となるはずです。

責任を持って作業中

 

 

 

 

 

 

 

  将来の自立に向けて、大変貴重な学習の機会をご提供いただている企業様に、改めて心から感謝申し上げます。 

見守られて

 保護者を目にした途端、駆け寄り抱き着く子どもの姿。その顔は満面の笑みに包まれています。

 親に見守られている安心感。そんな光景を見るたびに、子育てにおける親の力の偉大さを再認識するとともに、教育が学校の力だけでは成り立たないことを実感します。

 だからこそ欠かせない家庭と学校の連携。家庭と学校が良きパートナーであるために、これからも保護者の皆様に学校をご覧いただく機会と、互いに何でも話ができる環境を大切にしてまいります。

保護者参観

 

学び・貢献・成長

 高等部作業学習の農園芸班は、植木の剪定(せんてい)にもチャレンジ。校内にはたくさんの活きた教材、多様な学びのチャンスがあります。

 事務室前では、他のメンバーが花壇に花を植える作業中。野菜を育てる活動をしながら学校の美化にも貢献しています。

 卒業後の自立を目指して日々成長している生徒たち。学びを通して体験する「貢献」の活動が、就労や自立に向けた意識と力を育んでいきます。

選定にチャレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 花壇を花で彩ります。

花壇担当

 

 

 

 

 

 

 

 皆様をパンジーたちがお出迎えします。

パンジーがお出迎え

3200粒

 「みんなが食べてるお茶碗一杯のごはんに、お米は何粒ぐらいは入っているでしょう?」。中学部1年生『お米教室』の最初の問題です。

 今日は、埼玉県立総合教育センター江南支所から講師を招いての体験学習。自分たちの手で、脱穀・もみすり・精米に挑戦します。

 これまでの事前学習も含めて、きっと生徒たちは普段何気なく食べているお米のありがたさ・大切さを感じてくれたはず。これから食べるごはんは今まで以上に美味しく感じることでしょう。

 もちろん、今日のお米は「彩のかがやき」です。

お米教室

 

 

 

 

 

 

 

 白いお米になるまでには・・・。

脱穀

 

 

 

 

 

 

 

もみすり

 

 

 

 

 

 

 

精米