校長室だより

2020年11月の記事一覧

見えたかな?

 小学部2年生は、古墳公園を散策。きっと今頃きれいな景色を眺めていることでしょう。

 古墳からは学校が見えたかな? 久しぶりの校外での活動で、子どもたちの新しい経験がひとつ増えました。

 こんな近くに特別史跡。素晴らしい環境の中で教育活動ができることに感謝です。

ヤッホー!

励まし合い

 「〇〇さん、がんばれー!」。校庭では小学部高学年の児童たちがマラソン記録会に向けて今日も練習中です。

 小人数のグループに分かれて走るマラソン練習。順番を待つ他のグループの子どもたちからは、応援の声が聞こえてきます。

 なにげないいつもの体育の風景。でもそこにはちゃんと子ども同士の励まし合いがあります。仲間との関わり合いを通して、子どもたちは大切なことを学んでいきます。

がんばれー!

将来・仕事・希望

 「ものをつくる・売る・代金をいただく」というプロセスを通して、「はたらく」の練習(学習)をしている生徒たち。今日の中学部2年生の特別活動は、将来の仕事について考えます。

 「コンビニで仕事したい!」「ペットショップで仕事したい!」生徒たちの将来の理想の職業は様々。みんなそれぞれ違いはあるけれど、仕事をしたいと思えることはとても素晴らしいことです。

 どんなに小さな仕事でも、この社会の一端を支える欠かせない役割を果たしています。そしてそれは、社会の一員としていきいきと輝くこと。生徒たちの「仕事したい!」は、将来への大切な希望です。

どんな仕事がしたいですか?

「ごっこ」ではなく

 例年同様、日々しっかりと作業学習に取り組んでいる生徒たち。今日はそんな中学部と高等部の生徒たちにとっての晴れ舞台となる「作業学習頒布会」。スマイルまつり(文化祭)が中止となって、久しぶりの行事に校内には生徒たちの元気な声が響いてます。

 今日は「ごっこ」ではなくて本当の販売。会計にはアプリも活用。実際にお金を扱う責任も大切な経験です。

 仕事とは、就労とは、自立とは・・・、作業学習を通して身に付ける職業観や様々なスキル。大きな目標は人と関わり社会の一員として輝くこと。本校での学びを通して、そのための自信をつかんでくれることを願っています。

会計は責任ある仕事

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 保護者の皆様、本日はご来校いただきありがとうございました。密を避けての入れ替え制や来校人数の制限などにご理解をいただき、念願の頒布会を実施することができました。心より感謝申し上げます。

 地域の皆様、本来は多くの皆様にご来校いただき、生徒たちの頑張りの成果を手にしていただくとともに特別支援学校を知っていただくことが理想ですが、今年は保護者限定で実施させていただきました。ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 

 

 密を避けて分散会場。

中学部

 

 

 

 

 

 

 

 体育館では高等部。

体育館では高等部

ごっこ

 「いらっしゃいませ」「なににしますか」「はいどうぞ」。小学部1年生の生活単元学習では、小さなサンドイッチ屋さんたちがお客さんに注文の品をお届けです。

 校長室から注文したのはフルーツサンド。しばらくすると、驚きのジャンボフルーツサンドが届きました。

 友達や教員と物や言葉を介したりやりとりをする経験を通して身に付けるコミュニケーションスキル。「〇〇屋さんごっこ」は絶好の学習教材です。

ジャンボフルーツサンド