校長室だより

2021年1月の記事一覧

清き一票

 生徒会役員選挙は今日が投票日。体育館では投票に先立って立会演説が行われています。

 密を避けるためにZoomをつないだ別会場には、しっかりと画面を見つめ、演説に耳を傾ける生徒たちの姿。立候補した生徒たちの言葉からは、行田特別支援学校をよくしたいという熱い思いがしっかりと伝わってきます。

 みんなで選び、みんなで支え、みんなでつくる充実した学校生活。みんながこの学校の主役であることを意識する生徒会選挙。その一票には生徒一人ひとりの学校への思いが込められています。

立会演説会

 

 

 

 

 

 

 

 別会場でも熱心に演説を聞いています。

Zoomでつないで。

 

 

 

 

 

 

 

 先日、3年生は行田市から講師を招き、主権者教育を実施。選挙の意味、大切さを学びました。

主権者教育

みんなが作曲者

 中学部の音楽の授業から聞こえてくるのは不規則な太鼓の音。今日のテーマは偶然性の音楽つくりです。

 太鼓を打つタイミングや強弱は自由。仲間が代わる代わる太鼓をたたき、最後はみんなで一緒にたたいて曲を締めます。

 音で遊ぶ・リズムで楽しむ。太鼓を囲む生徒たちは実に楽しそう。まさにこれは「音」「 楽 」です。

太鼓を囲んで。

 

 

緊張感

 校長室の窓の清掃に取り組む高等部メンテナンス班の生徒。今日の課題は、人がいる部屋での作業の実践です。

 本来ならば、消防署や公民館などで、一般の人がいる中での作業にチャレンジする予定だった生徒たち。実社会における仕事体験は貴重な経験になるはずでした。

 残念ながら校長室での作業でしたが、少しは緊張感を味わえたかな? 3年生にとっては目の前に迫った社会への巣立ち。残りの学校生活を通して、もっともっと自信を手にしてください。

 校長室がとても明かるくなりました。ありがとう!

きれいな窓は気持ちがいい!

今日は何かな?

 毎日、朝の教室で話題になる給食の献立。子どもたちにとって給食は、学校生活の楽しみのひとつです。

 今、学校は「給食週間」。給食室前には、子どもたちが給食をテーマに作成した様々な作品が並んでいます。

 カラフルに仕上がった美味しそうな作品の数々。栄養教諭や調理員さんたちへの感謝の言葉を記した作品もあり、どれも子どもたちの給食への思いが詰まっています。

 児童生徒の皆さん、今日もおいしい給食を食べて、元気に過ごしましょう!

給食作品展

春よ来い

 暦は大寒を過ぎて立春へ。厳しい寒さの中ではありますが、日差しの温かさに、順番待ちをしている春の訪れをほんの少し感じられます。

 小学部4年生の教室には鬼のお面を作る子どもたちの姿。春を迎える節分を前にした図画工作での学習です。

 子どもたちが作るお面の顔はとても優しそう。かわいいお面の鬼たちには、「鬼は外!」とは言えませんね。

キュートな鬼