校長室だより

2021年2月の記事一覧

日進月歩

 教育を取り巻く環境は日進月歩。とりわけICTの活用はこれからの学校を大きく変えようとしています。

 外が暗くなった夕刻、プレイ室にはタブレットに向かう教員の姿。教員仲間でつくる学習会に参加して、タブレットを活用した教材づくりを学んでいます。

 子どもたちがゲーム感覚でたくさんのことを学ぶことができるタブレット端末。ひとり一台の時代はもう目の前。可能性は広がるばかり。今日の学びは早速授業で活用できそうです。

タブレットで教材づくり

伝える力

 中学部は国語・数学の授業中。ある教室では、生徒たちが文章をつくりあげる学習に取り組んでいます。

 自分が目にしたことや状況を正確に伝えることはなかなか難しいものです。でも、じっくり考えてしっかり文字で表現すれば、自分の思っていることもちゃんと伝えることができます。

 表情、ジェスチャー、絵カード、文字や言葉など伝え方はいろいろ。大切なのは子どもたち一人ひとりが自分に合った伝え方で、自分の思いを伝えることができること。子どもたちの伝える力を育むことは、とても重要な学習目標です。

いつ・どこで・だれが・なにを

あと少し

 2月も終盤、卒業式まであと少し。小学部の5年生はみんなで分担しながら、卒業していく6年生たちへのプレゼントを作成中です。

 6年生に贈る箱をデコレーションする子どもたち。一生懸命、丁寧に、のりを塗って色紙を貼っていきます。

 先輩たちと共に学ぶ時間も残りわずか。心を込めてみんなで卒業をお祝いしましょうね。

プレゼント作成中。

 

 

 

 

 

 

 

 6年生の教室前には、担任団から卒業していく子どもたちへのメッセージが掲げられています。

旅立つみんなへ

新たな学び

 電動ドライバーでねじ留めに挑戦する小学部の6年生。今日は中学部の作業学習を体験します。

 子どもたちは、はじめて入る木工室や普段使うことのない工具に興味津々。心配をよそに、みんな次々と見事にねじ留めを成功させていきます。(すごい!)

 「中学部に入ったら・・・」を想像できたかな? 4月からの新しい学びが待ち遠しいですね。

興味津々

 

 

 

 

 

 

社会の一員

 毎年5台のベンチを行田市に寄贈している高等部の木工班。今年も生徒たちが心を込めて作り上げたベンチが学校から地域へと飛び立っていきました。

 これからの長い人生で大切にしたい社会との関わり。学校での学びを通して社会に貢献できる経験は、生徒たちにとって大きな財産です。

 目指すのは本校を卒業した生徒たちが社会の一員としていきいきと輝いてくれること。学校も地域社会の一員として、しっかりとその役割を果たすことができるよう、日々の教育活動と地域における特別支援教育の推進に取り組んでまいります。

生徒代表から行田市へ