校長室だより

2022年1月の記事一覧

コロナ対策 校内の「左側通行表示」を広げます。

 今まで、校内の食堂前のみであった左側通行表示を、

教室前の廊下にも広げることとしました。

 廊下に中央線を貼る作業を、高等部のメンテナンス班の皆さんが

行ってくれています。廊下の真ん中にテープを貼るのですが、これが

なかなか難易度の高い作業なのです。

 全校に貼れるまでにはまだ時間がかかりますが、

子どもたちが無意識に歩き分けるなど効果は早速表れています。

「校内の見える化」進めます!

 

 校舎南側1階の廊下 真っすぐに貼れてます。   生徒と先生で息を合わせて慎重に。 

高等部 作業頒布会お買い上げありがとうございました。

 昨日1月25日(火)は、高等部にて分散型の

作業頒布会が行われました。コロナ禍ではありましたが、

大勢の保護者の方にご来校いただき、ありがとうございました。

やはりお家の方がいらっしゃった効果は絶大で、

生徒達もとても張り切って売っていました。お買い上げくださった皆様、

世界に一つしかない手作り作品をお楽しみください。

 

 売り場は大盛況「いらっしゃいませ~」    「冬野菜がよく売れます!」

 

 こんな新作も。糸のこ名人の作です。     「買ってください」もうアピール!

 

中学部音楽 雅な大正琴に挑戦。

 

 中学部のあるグループでは、大正琴の練習が始まりました。

練習曲は「さくらさくら」です。日本の代表的な曲です。

 この日は初めての授業にも関わらず、全員が楽譜上の1段目の

音色を響かせることができました。

 音色を聴きながら「できた!」という満足そうな表情をみせる

姿が印象的でした。フルコーラスを達成するまで、道のりは遠いけれど

根気よく取り組んでほしいです。

  

     楽譜はご覧のとおり。         ゆっくり音を確認しながら弾きます。

    なかなかの手つきです。「弾けたよ!」

 

校内書初め展は力作ぞろい。

 新年になってから校内のいたるところで、児童生徒の

書初めが掲示されています。どの作品も個性的で思わず

「う~ん」と唸ってしまうものも。「字は人なり」とも言いますが、

思い切りが良かったり、丁寧さを感じたり、センスを感じることができたり、

と様々です。子どもの作品は心が洗われますね。

今回は、金賞を受賞した作品を紹介いたします。

体育館への通路手前に掲示されていますので、来校した際はぜひ、ご覧ください。

 

デジタル化が進んでも、筆をもつことを忘れないほしいですね。

        素直な筆運びです。素晴らしい!

高2 数学はアナログとデジタルの併用で。

 数学の授業では、「グラフの見方」に関するプリント学習を実施した後、

残りの時間はiPadで自習するという形をとっていました。

こうすることで、自分のペースで学習することができます。

  iPadの自習では、魔法陣に取り組んでいました。これも生徒の

成熟度に合わせて難易度が違います。どの生徒もとても集中して

取り組んでいました。

  

 iPadをノートのように使いこなしてます。   かなり難易度の高い課題に挑戦してます。