校長室だより

2022年3月の記事一覧

今年度 最後の給食は中華丼!

 毎日おいしくて手の込んだ料理がでる本校の給食も

今日が最後。最後のメニューは春を感じさせる柔らかいキャベツや

タケノコ、味のある干ししいたけなど野菜がたっぷり入った

中華丼です。味噌汁も出汁が効いていて味わい深い。何とこの出汁は

朝早くから昆布と煮干しでとっているそうですよ。

 柔らかい豚の角煮や、厚みのあるミートローフなど家庭でもなかなか食べられない

おかずを沢山出していただきました。栄養士さん、調理師の方々毎日

本当にありがとうございました。来年度もどうぞよろしくお願い致します。

   うずらの卵が3っつも入ってます。

小学部4年生 1/2成人式を実施

 

 10歳は大人の半分、ここまでの成長できたことを

お祝いして、小学部4年生で1/2成人式が行われました。

頑張った学校生活、そして小さい頃からの歩みを確認し

一人ひとりが、私(校長)から1/2成人証書を受け取りました。

みんなとても一生懸命でまるで卒業式のようでした。

  10年後に再会したらみんなは、どんな素敵な大人になっているでしょうか。

想像するとワクワクします。将来の楽しみが増えました。

 

  スライドで自分たちの成長を確認    素敵な証書を受け取りました。

お祝いの舞?この後、ジュースで乾杯!したそうです。

 

 

小学部18名、中学部18名それぞれに卒業。

 15日(火)に本校小学部・中学部の卒業式が行われました。

あどけなさを感じさせながらも、小学部・中学部の卒業生が

今できることを精一杯行って参加できました。

壇上では、校長である私の目をしっかり見て、そして

証書を受け取った後は、しっかりあいさつもできていました。

あまりの瞳の真剣さにこちらもグッとくるものがありました。

 保護者の皆様、コロナ禍の中、参加くださいまして本当にありがとうございました。

子どもたちは、自分の晴れ姿をみせることができてとても嬉しそうでした。

それぞれのステージに進む子どもたちをこれからもどうぞ応援ください。

そして、すべての関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。 

(式中の写真が載せられずすみません)

 

   雨もあがって温かい式場に        たくさんの方からのお祝いの言葉    

     ほのぼのとした卒業制作         ハニーちゃんもかけつけました。      

30名 本校を巣立つ

 3月10日(木)に高等部3年生の30名が本校を卒業致しました。

コロナ禍という状況で活動が制限された中ではありましたが、

生徒一人ひとりが実に立派にそして堂々と参加できました。

 静かな中にも、卒業の喜びと今まで育ててくれた先生や保護者の方たちに

「自分たちの姿をみてください」という想いが伝わってくる素晴らしい式でした。

なるべく自分の力で証書を取りに行く、式の時間はみんなと共に過ごす、といった

それぞれの目標を全員が達成できました。本当におめでとうございます。

保護者の皆様、今までご理解とご協力ありがとうございました。

行田の自慢の卒業生が、社会の中でますます輝きますように!ずっと応援しております。

  

     当日の朝の花道          晴天に恵まれました。

  

   それぞれに味のある卒業制作            春色の花々の壇上

 

  式後にお世話になった先生方にプレゼント              先生たちがお見送り

 *式中の写真は掲載できずすみません。

 ハニーちゃんと電車ロボもかけつけました。

 翌日のスクールバスでは、いつも乗る高3の生徒の座席がぽっかり空いていました。

添乗員さんに「寂しいですね」と聞くと、「私は小1の時から12年間、〇〇君の成長をスクールバスで見てきました」とのこと。こういう貴重な温かい言葉をいただけるのも行田ならでは、と改めて感じ入りました。関係する全ての皆様にこの場を借りまして、感謝申し上げます。