式典

2017年12月の記事一覧

2学期終了 冬休みが始まります

本日で4ヶ月(76日間)の長かった2学期も終わり。終業式が行なわれました。
司会は中学部教務部員が担当
式の様子をご紹介します。
校歌斉唱のあとは各学部がんばったことの発表。
校歌斉唱 指揮は高等部生徒←校歌斉唱
小学部は2学期の発表は小学部低学年が。音楽の時間に取り組んだヘリコプターを発表しました。
小低♪ヘリコプター←小低の発表
続いては中学部。胸に先日のクリスマス会で飾った『Myサンタ』を着けて、音楽の時間に、英詩による歌唱と鈴の演奏と2つのグループに分かれて取り組んできたWe Wish a Merry Christmasの発表をしました。
中学部♪We wish you a merry christmas←中学部の発表
最後に高等部。1、2年生は代表の生徒が発表、3年生は喜びの歌の合奏と歌を発表しました。

高1生徒の発表
「2学期にがんばったことはスマイルまつりの作業販売です。教室にお客さんが入ってくるといらっしゃいと大きな声で言えました。たくさん製品を買ってくれました。
余暇利用はクリスマス会に向け恋するフォーチュンクッキーを一生懸命踊りました。当日はいっぱい人が見ている前で間違えずに踊れました。
実習では〇〇〇(※施設名)でキャップ締めをがんばりました。施設の人によくやってましたと言われました。
9月には長瀞げんきプラザに行きました。宝登山に登りました。足が痛くなりましたががんばりました。
以上で発表を終わります。」
高1生徒代表による発表

高2生徒の
発表
「2学期を振り返って
 ぼくは、2学期の中でスマイルまつりとサッカー大会をがんばりました。スマイルまつりでは、販売活動に向けて一生懸命製品作りをしました。今年の新商品であるお茶碗作りを担当し、集中して作業を進めました。その結果、たくさんのお客さんに買ってもらい、完売することができてとてもうれしかったです。
 サッカー大会ではディフェンスとしてレギュラーで試合に出ることができました。レギュラーをとるために朝トレを毎回全力で走りました。また、体育の授業ではドリブルやシュート練習などの基礎練習をがんばりました。大会は一回戦で負けてしまい、とても悔しかったので、来年必ずリベンジします。
 ぼくはさらに成長できるよう食生活を意識して生活したいと思います。冬休みに入りますが僕の課題である食生活を克服するために毎日苦手な野菜を食べて人生を変えます。みなさんも目標をもって冬休みを過ごしましょう。以上終わります。

高2生徒代表による発表
高3全員による発表
代表生徒のことば
「高等部3年生は、スマイルまつりに向けて修学旅行で行ってきた北海道を思い出しながらステージ発表や作品作りをがんばりました。
また、卒業後の進路を決めるために実習に何度も行った人もいます。
今日は、音楽の時間に練習した『喜びの歌』の演奏を聴いてもらい年末の気分を感じてもらいたいと思います。」
高3は今回全員での発表←高3生徒の発表

どの学部の発表も今学期の学習をとてもがんばっていたことがよく分かるものでした。
いつもだと高3が発表するころには騒がしくなってしまうことがあるのですが、今回は児童生徒がとても静かに最後まで発表に目を向けていたのがとても印象的でした。多くの行事の参加、経験が鑑賞する力も育てたのかな?と感じました。

がんばったことの発表の後は表彰。見事3つの大会で入賞を果たした高等部の生徒たちが表彰を受けました。
表彰 高等部選手の皆さん 今学期も大活躍でした出場した3つの大会で好成績を収めました
校長からは、とても多くの行事があった2学期をスライドで振り返ったあと、冬休みの生活で意識してほしい「はやね」「はやおき」「あさごはん」「しゅくだい」「おてつだい」について話がありました。
校長講話 長かった2学期を写真を見ながら振り返りましたいろんな行事での経験で、児童生徒一人一人すこしずつ大きくなりました
よいお年を!
(最後に歌った40周年記念ソング♪えがお☆キラキラは盛り上がりすぎて写真を撮りはぐりました…)

式終了後は教室に戻り、担任から通知表(あゆみ)を受け取りました。
2学期にがんばったこと、できるようになったこと、気をつけるともっとよくなることがたくさんたくさん書いてあるので、ご家庭で一緒にゆっくりお読みいただければと思います。

明日からは17日間と、昨年度よりも3日間長い冬休みです。
1月9日の始業式で、えがお☆キラキラで思い出やがんばったことを話してくれるみなさんに会えるのを楽しみにしています!

不審者対応訓練を行ないました

本日行田警察署生活安全課にご協力いただき、授業時における不審者対応訓練を実施しました。
10時30分ころ校庭より刃物を所持した不審者が校内に侵入、という状況を想定して行ないました。
児童生徒は教員の指示に従い身を守る行動をとる練習を、教員は第一発見者、防護係が中心になり、危険から児童生徒から守るために奮闘しました。

今回は運営にあたった一部の教員以外、いつ、どこから不審者が現れるか知らされていなかったため、緊張感をもって訓練に臨むことができました。

無事不審者が確保され安全が確認できたところで体育館に集合し、今年度は初めて実際に不審者役の方がどう動き、教員がどう対応したのかをビデオ映像で確認しました。行田警察署生活安全課の方からはその都度ビデオを止め、ここではこうすべきだったとご指導をいただきました。教員向けの話になってしまった面もありましたが、じっと息を潜めて待つのが訓練になる子どもたちも、実際にどんなことが起こっていたのか映像をよく見て確認することができました。
不審者はどこを通った?ビデオで確認
警察と協力して不審者を取り押さえることに成功しました
不審者役のおまわりさん(右) 実際はとても優しそうでした!
(あっては困りますが)有事の際、係になった教員だけではなく、教職員集団が一丸となって児童生徒の安全・安心を守らなければ!と改めて気づくことができた、有意義な訓練でした。

行田警察署生活安全課の皆様、訓練にご協力いただきありがとうございました。