PTA

2017年8月の記事一覧

全知P連 東京大会

8月26日、27日の2日間「全国特別支援学校知的障害部会PTA連合会 創立50周年 平成29年度第36回全国研究協議会 東京大会」に参加してきました。

全国大会ですので、開催地も全国にわたります。
平成28年度は秋田、平成27年度は岐阜でした。
遠方ということもあり、なかなか参加できなかった全国大会でしたが、今年度はお隣の東京で開催。本部役員2名で参加してきました。

さすがの全国大会で、場所は東京プリンスホテル。参加者は1000名を超えていました。独特の雰囲気に多少圧倒されつつも、様々な情報を得る機会となりました。

1日目のシンポジウムでは「未来へつなぐ子供たちの安全・安心」というテーマのもと、3校の取り組みが発表されました。
PTA主導による防災対策や見守りプロジェクトは本校にはない取り組みですので興味深いものでした。学校のみにお任せするのではなく、保護者とともに取り組むことの大切さを知ることができました。

2日間の研修会でしたが、飽きることなく参加できました。
今回得た情報を、本校なりの方法で生かしていこうと考えています。
来年度は、京都宇治での開催予定です。可能ならば、参加してみたいものです。

埼特P連 役員等研修会

8月5日(土)、県民活動センターで埼玉県特別支援学校PTA連合会(埼特P連)役員等研修会が開催されました。校長先生と本部役員で参加して来ました。

午前の部では、日本福祉大学 綿祐二教授より「障害児の自立と健やかな成長を目指して」というテーマで講演を聞き、午後の部では4つの分科会に分かれて障害者の社会参加や支援についてやPTA活動の現状や課題について研究協議が行われました。
それぞれ大変充実したもので、有意義な1日でした。

こうした専門の先生のお話や、他校の取り組みを聞く機会はあまりないので大変貴重です。今回の研修会で得たものを本校でも生かしていけるようしっかり取り組んでまいります。